スピードボートに狙いを定めて襲いかかるカバ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

穏やかなイメージがあるものの、実はアフリカでは人々から最も恐れられていると言われるカバ。1~3トンほどと巨体なカバは、縄張り意識が強く、人間が誤って縄張りにでも入ろうものなら、襲われてしまって命を落としたといった事例があります。

巨体であるがゆえ、移動速度が遅いと思われがちですが、陸上や水中と問わず、時速30~40キロでの移動が可能。今回の動画は、スピードボートがカバに狙われたという衝撃の映像をお届けします。

撮影場所はジンバブエのカリバ湖で、1月12日の月曜に撮影されたとのこと。撮影したのは、マラウイやザンビアなどで、サファリやアクティビティを提供する旅行代理店「マラウイアン・スタイル」を運営するマイケルさん。

映像をよく見ると、かなり離れた場所にいたカバが、狙いを定め、すごいスピードで近付いて来たことが分かります。カバは持久力がないと言われていますが、あのスピードを一度見たら、次こそはやられるかもしれないと生きた心地がしなかったのではないでしょうか。

こういった映像を見ると僻地でのリバーサーフィンにも、恐怖心を感じてしまいます。事実、東南アジアの僻地での潮津波サーフィンでは、被害者は出ていないものの、ワニなどへの注意が必要とのことなので。個人的には、百獣の王こと武井壮なら、どうやってカバと戦うのか気になります。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)