マーヴェリックスでの激しいワイプアウトと見返り:ジェイミー・ミッチェル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

2014年12月20日、2014/2015年シーズンの幕開けとなるファーストスウェルが届き、オープニングセッションの繰り広げられた北カリフォルニアのビッグウェイブスポット「マーヴェリックス」。

今回の動画は、そのオープニングセッションに駆けつけたオーストラリア出身であるジェイミー・ミッチェル(Jamie Mitchell)を追った映像となります。

朝一番は、前夜の風の影響が波のフェイスに残ったモーニングシックネス(morning sickness)な状態と、潮回りの悪さが手伝って、あまり良くなかったと言います。

しかし、潮が引き始めると、モンスターウェイブが姿を現すことに。ジェイミーは何度もワイプアウトしながらも、心が折れることなくチャージを繰り返します。その結果、この日のセッションだけで、3本の板が折れたそうです・・・。

後に、自分のライディング映像を見ながら、「かなりエントリーが良かったよ」や「インサイドがダブルアップするんだ」などの説明を加えながらチェックするものの、ワイプアウトのシーンを見ると笑い声を上げます。

そして、「こんなワイプアウトしても死なないって凄いね」と、他人事のようなセリフを口にします・・・。

この日の収穫としては、激しいチャージを繰り返した事で認められ、マーヴェリックスで毎年開催されているビッグウェイブ招待制イベントである今シーズンのマーヴェリックス・インヴィテーショナル(Mavericks Invitational)へのワイルドカード出場が決定。

また、1:29~からのライディングでのワイプアウト映像は、ビラボンXXLアワードのワイプアウト部門にエントリーされることになりました。


スポンサーリンク


ビラボンXXLアワードへのエントリー映像

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)