• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

レユニオン島出身で、現在はフランスを拠点にするエイドリアン・トヨン「Adrien Toyon」(25歳)。当ブログでも何度か取り上げているワイルドなアプローチが魅力的なヨーロピアンサーファーです。

現在はWQSイベントで世界を転戦しながらも、フリーサーフィンの撮影を力を入れるようになったというエイドリアン。まとまった長さの映像を出す予定とのことで、今回の動画は予告編のような映像ということです。


スポンサーリンク



フリーサーフィンに力を入れようと思ったきっかけは、ヨーロピアンサーファーは、オーストラリアやアメリカのサーファーと比べ、メディア露出の点で少し遅れを取っているためとのこと。

ジェレミー・フローレスやティアゴ・ピレスといったヨーロピアンサーファーがワールドツアーで活躍したため、以前よりは世界的に注目を集めるようになったヨーロピアン。しかし、オーストラリアやアメリカのメディアでも、扱われるのはビッグネームのみ。

ヨーロッパのオンラインメディアなどを見ると、ヨーロピアンサーファーをフィーチャーした多くの動画を見ることができますが、世界的にはなかなか扱われないのが現実ですね。イギリス出身のルービン・アッシュなんかも、出身国が異なっていれば、大注目のサーファーだと思いますし。

ブラジリアンなども同じですが、サーフィンの世界では、まだまだ出身国によって扱いは大きく違います。そのため、誰が見ても注目せざるをえないフリーサーフ映像を出し、出身国の壁をブレイクするような活動を、エイドリアンには期待したいです。

エイドリアン・トヨンの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

出身地レユニオン島でフリーサーフするエイドリアン・トヨン

抜群にスタイリッシュなエイドリアン・トヨンによるハワイセッション

フリーサーフの関連記事
  • セルフシェイプしたボードでフリーサーフ:ロブ・マチャド
  • <必見>来季WCT入りは手堅いレオナルド・フィオラヴァンティ!ケリーやカノアも登場するフリーサーフ
  • エンドレスサマーを実現しているアダム・ベネッツのバリ島サーフセッション
  • バックフリップからビッグウェイブチャージまでこなすフリン・ノヴァック
  • ローワーズ(カリフォルニア)でのフリーサーフ@2015年:ティア・ブランコ
  • 五十嵐カノア
    五十嵐カノアのWCTヒート初勝利後のインタビュー記事&フリーサーフ動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事