レユニオン島出身で、現在はフランスを拠点にするエイドリアン・トヨン「Adrien Toyon」(25歳)。当ブログでも何度か取り上げているワイルドなアプローチが魅力的なヨーロピアンサーファーです。

現在はWQSイベントで世界を転戦しながらも、フリーサーフィンの撮影を力を入れるようになったというエイドリアン。まとまった長さの映像を出す予定とのことで、今回の動画は予告編のような映像ということです。


スポンサーリンク


フリーサーフィンに力を入れようと思ったきっかけは、ヨーロピアンサーファーは、オーストラリアやアメリカのサーファーと比べ、メディア露出の点で少し遅れを取っているためとのこと。

ジェレミー・フローレスやティアゴ・ピレスといったヨーロピアンサーファーがワールドツアーで活躍したため、以前よりは世界的に注目を集めるようになったヨーロピアン。しかし、オーストラリアやアメリカのメディアでも、扱われるのはビッグネームのみ。

ヨーロッパのオンラインメディアなどを見ると、ヨーロピアンサーファーをフィーチャーした多くの動画を見ることができますが、世界的にはなかなか扱われないのが現実ですね。イギリス出身のルービン・アッシュなんかも、出身国が異なっていれば、大注目のサーファーだと思いますし。

ブラジリアンなども同じですが、サーフィンの世界では、まだまだ出身国によって扱いは大きく違います。そのため、誰が見ても注目せざるをえないフリーサーフ映像を出し、出身国の壁をブレイクするような活動を、エイドリアンには期待したいです。

エイドリアン・トヨンの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

出身地レユニオン島でフリーサーフするエイドリアン・トヨン

抜群にスタイリッシュなエイドリアン・トヨンによるハワイセッション

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事