• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

オーストラリア出身の元プロサーファーでありサーフジャーナリストのデレク・ハインド「Derek Hynd」(58歳)。1978年にワールドツアー入りし、1980年にはツアーランク12位までジャンプアップしました。

しかし、1980年のツアーイベントのヒート中、サーフボードが顔面にヒットして右目を失明することに。にもかかわらず、翌年81年にはツアーランク7位になったという驚異のサーファーです。

今回の動画は、そんなデレクによるJベイでのフィンレスボードに乗ったサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク


プロサーファーを引退後は、サーフジャーナリストに転身し、ツアーサーファーに対する辛口コメントで人気を集めたデレク。「あいつはワールドチャンプになれる器じゃない。ハングリー精神がないよ」など、かなりの手厳しい内容だったそうです・・・。

そんなデレクですが、サーファーとして再び注目を集めたのは、フィッシュやフィンレスなどといったレトロブームの先駆けであった点が大きいのではないでしょうか。

私がデレクを知ったのも、デレクがJベイのロングウォールでフィンレスボードに乗ってスライドする映像を見たのがきっかけです。

今回の動画ですが、実はJベイ・オープンでのシャークアタック翌日以降に撮影されたものです。ちなみに、あのシャークアタック発生後、一番最初にJベイに入ったのがデレク。ローカルサーファーと一緒だったそうです。

サーフ後、Stab誌から「なんで、シャークアタック後すぐに海に入ったの?」と聞かれると、「オレは1時間も待ったんだぜ」と答えています。辛口コメントと言い、自分の気持ちに素直な人なんですね・・・。

動画のメインとなるのは、11'6"のフィンレスボードに乗るデレク、1973年製ボブ・クーパーがシェイプしたシングルフィンに乗るエミリー・エリクソン

3:48~からは、Jベイ・オープンのセミファイナル敗退後、ファイナルまでの空き時間を利用してフリーサーフしていたというケリー・スレーターの映像も登場します。

THE SEAGLASS PROJECT(シーグラス プロジェクト) ALBACORE 5'6
THE SEAGLASS PROJECT(シーグラス プロジェクト)
売り上げランキング: 301,012
フリーサーフの関連記事
  • オーストラリアンレグ@2016年のレイデイにWCTサーファーが見せたフリーセッション動画
  • ドラッグ・アウェア・プロに参加するジョーディ・スミスを密着
  • アイルランドの注目若手サーファーで国内チャンプのゲアロイド・マクデイド
  • 6歳のアクセル・アイアンズ(アンディの息子)がNランドの人工波でフリーサーフ
  • ジョーディ・スミス 南アフリカ
    今年7月振りに海に入ったジョーディ・スミスの復帰セッション@南アフリカ
  • ブラジルでフリーサーフ&スケート:ジョシュ・カー&ノア・ディーン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事