リーフの「Just Passing Through」シリーズ第一弾:ロブ・マチャド@バリ島

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ロブ・マチャド バリ リーフ

代表的な商品であるサンダルを始め、サーフィンにインスパイアされたアパレル全般を扱うブランド「リーフ(Reef)」。そのリーフのブランドコンセプトであるのが旅ですね。

今回の動画は、リーフのアンバサダー(Ambassador:大使《他ブランドで言う所のチームライダー》)をクローズアップしたシリーズ作品「Just Passing Through」の第一弾として、バリ島でのロブ・マチャドをフィーチャーした映像をお届けします。


スポンサーリンク



同シリーズ作品は、月一本ペースで公開していき、10エピソードという構成になっているそうです。その初っ端を飾るのが、誰もが知る存在であるロブ・マチャド「Rob Machado」(42歳)。

ケリー・スレーターと同世代のロブは、1995年シーズンにはケリーとタイトルレースを演じてWCTランク2位となったり、2000年にはパイプマスターに輝いたりとバリバリのWCTサーファーでした。

その後、ワールドツアーを引退すると、アライアなどといったオルタナティブ系ボードに乗るスタイルマスターといった感じで、コンテストサーフィンとは対極の雰囲気を出すようになりました。

最もインパクトが強かったのは、2009年にリリースされたロブのシグネチャームービー「The Drifter」。同作品は、インドネシアを旅するロブを追った作品で、今度はサーフトラベラーといった新たな顔を見せました。

最近では、みなさんご存知のよう、FireWire(ファイヤーワイヤー)サーフボードからロブがデザインしたサーフボードモデルがリリースされることに。

こう見ると、サーファーが憧れるすべての要素をロブは一人で網羅しちゃってます。ただ、ここまで好きなことをできるのは、サーフィンのスキルありきですね。力むことないスムーズなスタイルは今なお健在。理想的なライディングなのでチェックして下さい。


ロブ・マチャドの金字塔とも言えるシグネチャームービー「The Drifter」

ロブ・マチャドの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

ロブ・マチャド/ライアン・バーチ/トム・カレンが乗る個性溢れるオリジナルボード

セルフシェイプしたボードでフリーサーフ:ロブ・マチャド

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)