タティアナ・ウェストン・ウェブ

photo:WSL / Poullenot/Aquashot

2016年3月10日からスタートするWCT(ワールド・チャンピオンシップ・ツアー)初戦を前に、2015年WCTを振り返ろうという企画の第六弾。これまでの記事を見ていない方は、下記リンク先からチェックして下さい。

2015年WCTの名シーン1:エアリバースをメイクしたシルヴァナ・リマ

2015年WCTの名シーン2:パーフェクトスコアを出したオーウェン・ライト

2015年WCTの名シーン3:ケリー/ミック/ガブリエルのスーパーヒート

2015年WCTの名シーン4:ジョンジョンvsガブリエルの次世代対決

2015年WCTの名シーン5:ケリー・スレーターのスーパーリカバリー

第六弾となる今回は、フランスのランド県を舞台にしたウイメンズWCT第九戦「ロキシー・プロ・フランス」において、タティアナ・ウェストン・ウェブによるフロントサイドバレルが名シーンとして選ばれました。


スポンサーリンク


今回のシーンは何が凄いかと言うと、ウイメンズのコンテストシーンにおいて、これほどしっかりとバレルに入ってメイクすること自体、かなり珍しいことであるためです。当然、パーフェクト10となりました。

ウイメンズのサーフシーンも進歩しているのですが、エアリアルやバレルとなるとフリーサーフィンがメインとなり、コンテストでは今なおメインはターンですからね。

そのため、ツアールーキーがこういったバレルをメイクしたことは、大きな刺激となった瞬間と言えます。タティアナがパーフェクト10を決めたのはラウンド1での事で、その後も勢いが衰えることなくファイナルまで勝ち進み、ツアーイベント初の準優勝を果たしています。

ちなみに、2015年シーズンのウイメンズWCTでは、タティアナが唯一のルーキー。となれば、ルーキー・オブ・ザ・イヤー賞は自動的にタティアナが受賞となります。

ただ、2015年WCTランクではツアー残留となる7位をマークしたので、結果として、しっかりと活躍した上での受賞になったことは、本人としても安心しているのではないでしょうか。

タティアナ・ウェストン・ウェブの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

タティアナ・ウェストン・ウェブが語るWCT生活から個人的な思いなど

好調なツアールーキーが振り返る今シーズン:タティアナ・ウェストン・ウェブ

2015年ウイメンズWCTで唯一のルーキー:タティアナ・ウェストン・ウェブ

シンプルライフを送るトロピカルアイランドへサーフトリップ:タティアナ・ウェストン・ウェブ

WQS参戦のためにメキシコ入りしたサーファーガールズのフリーセッション

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事