• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

surfer's gym

進化の一途を辿っているサーファー向けの陸上ワークアウト。例えば、エアリアルの着地のメイク率を高めるためのトレーニングメニューなど、細分化されるようになっています。

とは言うものの、毎日海に入れるわけではない一般サーファーであれば、各マニューバに合わせたメニューよりも、基礎的なワークアウトが最適ではないでしょうか。パドリングでの持久力やバランス感覚といった要素です。

今回の動画は、サーファーズ・ジムの創設者であり元プロサーファーのエディ・レスターが指導者、ロキシーライダーのブルーナ・シュミッツが生徒役となり、サーフィンにおける基礎的部位を鍛える3つのワークアウトを紹介してくれる映像をお届けします。


スポンサーリンク



Alternating Arm Raise(0:40~)

Alternating Arm Raise

このワークアウトは、肩の三角筋とインナーマッスルを使うことで、肩の持久力や安定性を鍛え、パドル力を向上させます。

また、たとえば右側の腕を上昇させている時には、左半身のコアマッスルを鍛えることにもなります。

回数の目安は20回を3セット行うようにし、慣れてきたら回数やセット数を増やしたりと調整しましょう。

Arm Overhead Single Leg Deadlift(1:30~)

Arm Overhead Single Leg Deadlift

このワークアウトは、ポステリオールチェーンと呼ばれる体の背面の筋肉群を強化することで、お尻やインナーマッスルを鍛え上げ、不安定なサーフボードに立っている時の安定感アップに繋がります。

また、一般的に硬い筋肉であるハムストリングスを伸ばすことで、サーフスタイルやパフォーマンス向上においてプラスになるとのこと。

回数の目安は片足づつ10回を3セット行うようにし、慣れてきたら回数やセット数を増やしたりと調整しましょう。

Controlled Rotating Lunge(2:30~)

Controlled Rotating Lunge

このワークアウトは、サーフィンのスタンスを取り入れることで、お尻、コアマッスル、下半身全体の安定性を高めることになります。

最大限に効果を出すために、低重心を保ち、後ろ足を軸に回転することを意識しましょう。

回数の目安は、ゆっくりとしたペースで12回を3セット。

まとめ

今回のワークアウトはパドリングやライディング中の安定感アップと、サーフィンする上では必須となるポイント。初心者から上級者まで問わず、鍛えておけば必ずプラスになります。

さほど時間を取るワークアウトではないので、家で好きな音楽をかけたりしながら、気楽に取り入れてみてはいかがでしょうか。

トレーニングの関連記事
  • 女性サーファー必見!アラナ・ブランチャードが実践するトレーニング方法
  • 高強度インターバルトレーニング:サーフィン向けのお勧めトレーニングメニュー
  • 世界トップレベルのサーフトレーニング施設「HPC@オーストラリア」の内部ツアー映像
  • ガブリエル・メディナがホームに設立したトレーニング施設を自ら紹介するツアー動画
  • 中級以上のサーファー必見!アクションのメイク率を高める体勢作り
  • コートニー・コンローグがスタイル磨きに取り入れるカーバー(スケートボード)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事