7×ワールドチャンピオンのステフこと、ステファニー・ギルモア「Stephanie Gilmore」(32歳)。

ワールドツアー入りした時の目標はワールドチャンピオンになることで、目標達成後は女の子たちとサーフィンのスピリットをシェアしたいと考えていたそうです。

そこでスタートしたのが、ステフによる初心者を対象にしたオンラインでの計3回となるサーフィン講座。

第一弾と第二弾のレッスンは、「正しいサーフボード選び」と「パドル・テイクオフ・スタンス」というテーマでした。

今回の動画は、ステファニー・ギルモアによるサーフ講座のラストを飾る第三弾として「波選びとサーフエチケット」というテーマの映像をお届けします。


スポンサーリンク


波選び

最初は小さい波や沖ですでに波がブレイクして発生した泡状のホワイトウォーター(スープ)で練習するのがベター。

上達するのにベストな場所はポイントブレイク(ポイントブレイクとは岬などのように陸地の中で海へと突き出た地形のこと。日本では波がブレイクする場所が定まっているサーフスポットをポイントブレイクと言いますが英語の意味とは異なります)。

練習に最適な波のサイズは2~3フィートの腰から肩くらいで、あまり風が強く吹いてない時がベストとのこと。

サーフエチケット

サーフエチケットとして最も基本的なポイントとして、一本の波に乗れるサーファーの数は一人。

波に乗れる権利のことをプライオリティ(優先権)と呼び、プライオリティを持つサーファーは、波がブレイクしている場所に最も近いサーファー。

プライオリティを持っているサーファーが波に乗っている時、前方となるフェイスで他のサーファーがその波に乗ってしまう事をドロップイン(前乗り)と言います。

最後に、サーフボードを手から離してしまう時は、安全のためにも必ずインサイドに誰かいないか確認してから行うこと。

ステフの初心者向けサーフィン講座の過去記事

ステファニー・ギルモアの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事