ウィルコが勝ち残った2016年WCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」:二日目

シェア(記事を気に入ればお願いします)

チャンネルからのラインナップ風景 Photo: WSL

チャンネルからのラインナップ風景 Photo: WSL

現地時間8月21日(タヒチ)、南太平洋タヒチのチョープーを会場としたWCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ(Billabong Pro Tahiti)」が開催。

昨日同様もしくは少し悪化したかな!?と思われるチョープーとしては厳しすぎるコンディションの中、本日はラウンド2が終了しました。

2016年タヒチイベントのトライアルが開催されワイルドカードが決定

2016年タヒチイベントのトライアル映像&現時点における波予報

ケリーとジョンジョンが魅せた2016年WCTメンズ第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」:初日


スポンサーリンク



ヒートによってはチョープー名物のバレルではなく、トップアクション勝負となることもあった本日。そのため、昨日同様、ロースコアな展開が目立ちました。

8ポイント以上を出したサーファーは、8.00のマット”ウィルコ”ウィルキンソン、8.17のライアン・カリナン、8.17のコナー・コフィンの3名のみ。

最もトータルスコアが低かったのは、2015年度ワールドチャンピオンのアドリアーノ・デ・スーザが出場したヒート2。

2016 Tahiti R2H2

自然相手のスポーツなのでしょうがないのですが、現ワールドツアーランク4位のアドリアーノにとって、納得の行かないコンディションでのヒートであったことは間違いないでしょう。

「今日はトリッキーなコンディションだった。だからと言って、プロアスリートとして言い訳はできないね。どんなコンディションにも対応しなきゃならないんだから」とコメントしています。

マット・ウィルキンソン Photo: WSL

マット・ウィルキンソン Photo: WSL

本日、注目となったヒートは、ヒート1に出場した現ランキングトップのウィルコ。追いかけてきているジョンジョン・フローレンスとガブリエル・メディナがラウンド3進出を果たしているので負けられない勝負となりました。

対戦相手は、ローカルワイルドカードのヒラ・テリイナトゥーファ。ヒラは過去にもワイルドカード出場の経験がある手強いサーファーであるため、僅差の厳しい勝負となりましたが、見事ウィルコが勝利。

ちなみに、ラウンド3進出を果たしたウィルコの次なる対戦相手は、ラウンド1で敗退したワイルドカードのブルーノ・サントス。ワールドタイトルを狙うウィルコにとって、試練のラウンドと言えるでしょう。

本日の最終ヒートとなるヒート12に登場したのは五十嵐カノア。ミゲル・ポプを相手に、いつも通り、じっくりと良いセットだけを待ち続けるカノア。

セットがコンスタントに入らないだけに見ていて不安ではありましたが、ヒート終盤の残り10分ほどとなってから乗った波で、しっかりとバレルをメイクして6.77をマーク。

その後は、残り7分を切ったプレッシャーの掛かる中、しっかりとチャンスをものにして7.57を叩き出し、終わってみれば、本日のトータルハイエストスコアとなる14.34を記録して勝ち上がりました。

五十嵐カノア出場のR2H12のダイジェスト動画

さて、今後の波予報ですが、これまでにお伝えした状況と変わりません。明日22日(月曜)の午後から南南西スウェルが徐々に強まり、23日(火曜)午前のサイズがオーバーヘッドほどで、最もサイズがありそうな見込み。

本日も開催に至った流れを考えると、明日はラウンド3~ラウンド4またはラウンド5、明後日23日を最終日にする可能性が十分にあり得ると思います。

現地時間で明日22日午前7時半開催となれば、日本時間では23日午前2時半となります。

イベント詳細に関しては、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Billabong Pro Tahiti

本日の結果

ラウンド2
Heat 1: Matt Wilkinson (AUS) 14.17 def. Hira Teriinatoofa (PYF) 13.50
Heat 2: Alex Ribeiro (BRA) 6.23 def. Adriano de Souza (BRA) 5.70
Heat 3: Keanu Asing (HAW) 9.67 def. Michel Bourez (PYF) 8.57
Heat 4: Julian Wilson (AUS) 13.84 def. Ryan Callinan (AUS) 13.50
Heat 5: Matt Banting (AUS) 10.93 def. Caio Ibelli (BRA) 8.33
Heat 6: Jadson Andre (BRA) 10.43 def. Filipe Toledo (BRA) 6.63
Heat 7: Alejo Muniz (BRA) 11.17 def. Wiggolly Dantas (BRA) 6.23
Heat 8: Joel Parkinson (AUS) 14.00 def. Jack Freestone (AUS) 2.03
Heat 9: Josh Kerr (AUS) 12.17 def. Stuart Kennedy (AUS) 11.00
Heat 10: Nat Young (USA) 11.40 def. Davey Cathels (AUS) 10.10
Heat 11: Dusty Payne (HAW) 14.27 def. Conner Coffin (USA) 13.74
Heat 12: Kanoa Igarashi (USA) 14.34 def. Miguel Pupo (BRA) 12.33

今後のヒート表

ラウンド3
Heat 1: Italo Ferreira (BRA) vs. Keanu Asing (HAW)
Heat 2: Kolohe Andino (USA) vs. Adam Melling (AUS)
Heat 3: Jordy Smith (ZAF) vs. Matt Banting (AUS)
Heat 4: Adrian Buchan (AUS) vs. Alejo Muniz (BRA)
Heat 5: Nat Young (USA) vs. Kelly Slater (USA)
Heat 6: Matt Wilkinson (AUS) vs. Bruno Santos (BRA)
Heat 7: John John Florence (HAW) vs. Alex Ribeiro (BRA)
Heat 8: Josh Kerr (AUS) vs. Dusty Payne (HAW)
Heat 9: Sebastian Zietz (HAW) vs. Jadson Andre (BRA)
Heat 10: Julian Wilson (AUS) vs. Jeremy Flores (FRA)
Heat 11: Joel Parkinson (AUS) vs. Kanoa Igarashi (USA)
Heat 12: Gabriel Medina (BRA) vs. Kai Otton (AUS)

ハイライト動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)