カリフォルニア時間の9月7日にローワーズでスタートする2016年WCTイベント情報

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フィリペ・トレド Photo: WSL

フィリペ・トレド Photo: WSL

ウェイティングピリオドが9月7~18日に設定されているWCTメンズ第八戦「ハーレー・プロ・アット・トレッスルズ(Hurley Pro at Trestles)」とWCTウイメンズ第七戦「スウォッチ・ウイメンズ・プロ(Swatch Women’s Pro)」。

南カリフォルニアのローワーズ(ローワー・トレッスルズ)を会場にした同イベントは、ブラジルイベント以来の男女同時開催となっています。

今回の記事は、開催が目前に迫ってきたローワーズイベントに関する情報をお届けします。


スポンサーリンク



Hurley Pro at Trestles

まずはメンズイベントから。今回の欠場サーファーは、これまで同様にオーウェン・ライトとビード・ダービッジ。二人のリプレイスメント出場を務めるのは、スチュアート・ケネディとセバスチャン”シーバス”ジーツ。

今季スポット参戦のミック・ファニングは、今イベントはディフェンディングチャンピオンとして出場。ちなみに、ミックが今季出場するWCTイベントは、今イベントが最後になるかもしれないそうです。

現時点においてミックのWCTポイントは、来シーズンのツアー残留に必要なポイントをほぼ獲得していますが、今イベントで確実にさせるのでしょう。

ワイルドカード出場は、トライアルを勝ち上がったブレット・シンプソンとタナー・グダスカスの元WCTサーファーという強豪。

2016年ハーレープロのワイルドカード!トライアルでシンポとタナーに決定

タヒチイベントのファイナルで膝を負傷したジョンジョン・フローレンスに関しては、今イベント欠場の噂などが流れていましたが、スタブ誌のインタビューによると「膝は調子良いよ。タヒチでは軽く捻っただけで、今は全く問題ない」とのこと。

ヒート表は以下の通り。

2016 Hurley Pro heat draw1

2016 Hurley Pro heat draw2

Swatch Women’s Pro

ウイメンズイベントに関しては、欠場サーファーはなし。ワイルドカード出場は、すでにお伝えした通り、今季二度目のワールドツアーイベント出場となるベサニー・ハミルトン。

WCTイベント@ローワーズでベサニー・ハミルトンが今季二度目のワイルドカード出場

ヒート表は以下の通り。

2016 Swatch Pro heat draw

現時点の波予報

ワールドツアーの公式波予報サイト「サーフライン」によると、ウェイティングピリオド初日の9月7日(水曜)から、徐々に南西/南南西スウェルが入り始める見込み。

そのため、WSLコミッショナーのキーレン・ペローは「初日から開催となる可能性がある」と発表。ただし、確実にスウェルが入るとされているのは8~11日で、サイズはオーバーヘッドほどと予想されています。

まとめ

ウェイティングピリオド初日の9月7日午前7時半(現地時間)に開催となれば、日本時間では9月7日午後11時半となります。時差の都合上、日本時間の真夜中から開催というのはライブ観戦するには辛いですね・・・。

詳細については、下記リンク先の公式サイトからチェックして下さい。

公式サイト「Hurley Pro at Trestles

公式サイト「Swatch Women’s Pro