ウェイブプール「サーフ・スノードニア」で開催された2016年UKプロツアーイベント動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

2016-snowdonia-surf-event

昨年2015年夏、ウェイブガーデンを使用した商業ウェイブプールとして世界初オープンとなったウェールズ(イギリス)の「サーフ・スノードニア(Surf Snowdonia)」。

2015年8月1日にUKでオープン!ウェイブガーデン導入施設「サーフ・スノードニア」

オープンした昨年はレッドブルによるサーフコンテストが開催され、今年はUK国内プロツアーイベントが10月24日に開催されたことで、ウェイブプールでのサーフコンテスト開催が盛り上がってきています。

ウェイブプールで開催されたサーフイベント2015年度「レッドブル・アンリーシュド」

今回の動画は、先日無事に開催されたサーフ・スノードニアを舞台にしたイベント「Surf Snowdonia​ Pro Surf Challenge」のハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク



通常の海でのコンテスト開催とは条件が異なるため、フォーマットが異なるウェイブプールでのイベント。

イギリスのウェイブプール開催の2016年UK国内ツアーイベントのフォーマット発表

同イベントにはイギリスのベストサーファーが出場し、内陸でのサーフイベント開催にも関わらず、実に2,000人以上ものファンが押し寄せる大盛況となったそうです。

イベント結果は以下の通り。

オープン部門

1st: Jobe Harriss Bude

2nd: Jayce Robinson St Ives

ウイメンズ部門

1st: Joe Dennison Surf Snowdonia

2nd: Emily Currie Bude

アンダー18部門

1st: Kit Innes Bude

2nd: Liam Murray Strout Port Issac

会場となったスノードニアですが、昨年は造波装置であるウェイブガーデンの不具合が目立ち、シーズン中に数回に渡る閉鎖を繰り返していました。

ウェイブガーデン故障により来春までの閉鎖を発表したスノードニア

今年は順調に稼働していたのですが、デイリー・ポスト紙によると最後の最後に機械の不具合が発生し、予定よりも早い10月25日に今シーズンは閉鎖となりました。

スノードニアは屋外施設であるため、もともと冬季休業のウェイブプール。当初の予定では、10月30日に閉鎖し、翌シーズンの再オープンは3月予定でした。

しかし、今年は客足が順調に伸びていたので、当初の予定を延長して11月中旬まで営業しようと予定した中での早期閉鎖となっています。