• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

ディノ・アンディーノの息子であり二世サーファーのコロヘ・アンディーノ「Kolohe Andino」(22歳)。

若い頃から大きな期待を寄せられていたコロヘは、その期待に応える活躍を見せ続け、17歳にしてワールドツアー入りを決めていています。しかし、ワールドツアー入りしては浮き沈みの時期も。

今回の動画は、WSL(ワールドサーフリーグ)によるワールドツアーの側面から追ったコロヘ・アンディーノのプロファイル映像をお届けします。


スポンサーリンク



コンテストサーファーとしてはエリートコースを辿ってきたコロヘ。ツアー入りを決めた2011年には、当時のWQSイベントとしてはハイエストグレードであった6スターイベントでも優勝を決めていましたし。

そして、17歳というメンズでは最年少記録でツアー入りすることに。しかし、ツアー入りしてからは思い通りに行かず、浮き沈みや挫折を味わうことになったコロヘ。

昨年以前のWCTランクは20位台がほとんどと言う厳しいランキングで、WQSランクでワールドツアー残留を決めていました。にも関わらず、生まれ変わったかのようなWCTランク4位の成績を残した昨シーズン。

調子が良くなった理由について、「勝つための法則が分かってから、自信を持てるようになったし、誰が対戦相手でも気にならなくなった」とWSLに明かしていました。

最後に、「45歳くらいになった時、これまでのキャリアを振り返ってベストを尽くしてきたと思えるような人生を歩みたい」と思いながら今を生きているコロヘ。今シーズンの活躍にも注目ですね。

*コロヘ・アンディーノの最近の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

2016年ハーレープロに向けたコロヘ・アンディーノのウォームアップセッション@ローワーズ

コロヘ・アンディーノがJベイのクラシックコンディションで見せるレールサーフィン

異業種のターゲットからスポンサードされるコロヘ・アンディーノ&カリッサ・ムーア

コロヘ・アンディーノの頼れる武器となったロスト新作モデル「Pocket Rocket」

  • 去年の興奮を今一度!2016年レッドブルイベント@ケープフィアのドキュメンタリー作品
  • ジョンジョン・フローレンス
    ジョンジョンの「Twelve」第二弾:ホームのハワイで過ごしたウインターシーズン
  • フィリペ・トレドのフリーサーフ&2016年ハーレープロ@ローワーズ(南カリフォルニア)
  • コンテストシーンにおけるコロヘ・アンディーノを映し出したプロファイナル動画
  • 2度目のワールドタイトル獲得に至るまでのプロセス:カリッサ・ムーア
  • 骨折に見舞われたJベイ(南アフリカ)編:ケリー・スレーターのドキュメント「Continuance」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事