2017年マーギーズプロ期間のハーレーライダーによるフリーサーフ@西オーストラリア

シェア(記事を気に入ればお願いします)

via vimeo

メンズはジョンジョン・フローレンス、ウイメンズはサリー・フィッツギボンズの優勝で幕を閉じたCT第2戦「ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ(Drug Aware Margaret River Pro)」。

メンズ初日以外はメインブレイクで開催となりましたが、バラエティ豊かなサーフスポットが点在する西オーストラリアのマーガレットリバー。

今回の動画は、2017年マーギーズプロ期間中におけるハーレーチームによるフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



ツアー初戦のクイックシルバープロでは、4名のセミファイナリストの中で3名がリップカールライダーでした。

しかし、今回のマーギーズプロのメンズでは4名のセミファイナリスト中、ジョンジョン・フローレンス、コロヘ・アンディーノ、フィリペ・トレドの3名がハーレーライダーでしたね。

今回の動画に出演しているサーファーは、ジョンジョン・フローレンス、コロヘ・アンディーノ、フィリペ・トレド、ジュリアン・ウィルソン、ナット・ヤング、エイドリアン”エース”バッカン。

動画冒頭では、イベント開催には至らなかったザ・ボックスでのジョンジョンのサーフシーンから始まり、ノースポイントやメインブレイク(サーファーズポイント)などでのシーンが収録されています。