CTサーファーが優勝とは行かなかった2017年ISAイベント@フランスのメンズ部門

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Photo: ISA / Sean Evans

フランスのビアリッツで開催されていたISAワールドサーフィンゲーム。一足先に終了していたウイメンズに続き、メンズも現地時間5月28日に終了しました。

優勝を果たしたのは、ワールドツアーサーファーではなく、若干18歳のメキシカンサーファーという予想外の結末となりました。

今回の記事は、ISAワールドサーフィンゲームにおけるワールドツアーサーファーの結果やイベント最終日のハイライト動画などをお届けします。


スポンサーリンク



ウイメンズ部門では、現役CTサーファーのポーリン・アドとジョアン・デフェイ、そして昨シーズンのCTサーファーであったビアンカ・ビュイテンダグの3名が揃ってファイナリスト入りを果たし、ワールドツアーサーファーの強さを証明して見せました。

しかし、予想外の結果となったのがメンズ。現役CTサーファーとして出場したのは、ジェレミー・フローレス、ジョアン・ドゥル、イアン・ゴーベイアの3名。

当初はブラジル代表としてウィゴリー・ダンタスも出場予定でしたが、ウィゴリーは出場していません。

メンズCTサーファーの結果は以下の通り

・2位 – ジョアン・ドゥル

・セミファイナル敗退 – ジェレミー・フローレス

・ラウンド3敗退 – イアン・ゴーベイア

ジョアンとジェレミーはイベント最終日まで残る活躍を見せましたが、意外だったのはイアンの早期敗退。基本的にコンテストサーフィンの最高峰がワールドツアーなので、イアンにとって対戦相手は格下のはず。

なのですが、サーフィンの場合は開催期間にしっかりとマニューバを入れられるスウェルが入るのか、そしてヒート時間に良い波を掴めるのかなど、自然に大きく左右されます。

つまり、必ずしも実力とコンテスト結果が一致しない点はコンテストサーフィンの醍醐味でもあります。

そんな事情もあり、今回のメンズ部門を制したのはダークホースと言えるメキシコ代表のジョニー・コルゾという結果となりました。

*メンズのファイナル結果

1. Jhony Corzo (MEX):14.5
2. Joan Duru (FRA):13.9
3. Pedro Henrique (POR):12.47
4. Jonathan Gonzalez (ESP):11.74

*国別チームランキング

1 – フランス
2 – ポルトガル
3 – スペイン
4 – メキシコ
5 – 日本
6 – ペルー
7 – アメリカ
8 – ブラジル
9 – コスタリカ
10 – 南アフリカ

———

公式サイト:「ISA World Surfing Games

*2017年ISAワールドサーフィンゲーム関連の過去記事

2017年ISAイベント@フランスのウイメンズはCTサーファーがワンツーフィニッシュ
現地時間5月22日(フランス)、オリンピックを見据えたサーフィンコンテストとしてビアリッツで開催されている「ISAワールドサ...
開催間近なISAイベント専用アプリが公開!出場CTサーファー情報もお届け
フランスのビアリッツを舞台とし、5月20~28日にウェイティングピリオドが設定されているISA(International ...
ISAがオリンピックチャンネルと提携!コンテストサーフィンのファンは増えるのか!?
3年後の2020年東京五輪ではオリンピック競技として開催されるサーフィン。今後は自然とメディア露出が増えていくことが考えられ...
東京五輪への第一歩となるISAイベント!フランス代表は最強の布陣で参戦
今年5月後半となる20~28日にウェイティングピリオドが設定となっているISA(International Surfing ...
WCTサーファー参加可能という異例のISAイベントがフランスで2017年5月に開催
2020年東京五輪にて、オリンピック競技として開催することが決定しているサーフィン。しかし、少し複雑となっているのが組織。 サ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)