今年は自身が創業者であるアパレルブランド「Outerknown(オウターノウン)」が、フィジーイベントのタイトルスポンサーを務める決断を下した11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーター「Kelly Slater」(45歳)。

その最大の理由こそが、ケリー本人が世界で一番好きなサーフデスティネーションがタバルア島(フィジー)と公言するほど、クラウドブレイクを愛しているためでしょう。

今回の動画は、ケリー・スレーターによるタバルア島の解説、フィジーイベントを終えた後に漏らしたヒートの勝ち方、ワールドツアーにおける今後の目標などを語った映像をお届けします。


スポンサーリンク


ケリーが初めてタバルア島を訪れたのは、18歳であった1990年。それから現在に至るまで、フィジーイベントでは最多となる4回の優勝経験を誇っています。

そんなケリーが解説するタバルア島のサーフスポットは、「レストラン」と「クラウドブレイク」。どちらも、ワールドクラスのサーフスポットとして有名ですね。

ケリーによると、レストランは各セクションに多少の違いはあるものの、基本的には似たり寄ったりなパーフェクトウェイブとのこと。

一方のクラウドブレイクは、サイズを問わず波が素晴らしく、ハイパフォーマンス向けのセクションやビッグバレルとサーフィンの究極と言えるほど全ての要素が詰まった波と言います。

フィジーイベントの話になると、今年はラウンド3でコナー・オレアリー、昨年はセミファイナルでガブリエル・メディナに敗退したケリー。

ケリーのヒート展開は、ヒート前からある程度のイメージがあり、30分と決められた時間の中でイメージ通りのリズムに乗れるかどうかが勝敗を分けるとのこと。

さて、今年はなかなかそのリズムに乗り切れていないように思えるケリー。とは言うものの、現CTランクは18位なので、翌年のツアー残留の足切りとなるトップ22には入っているのです。

周囲からの期待があまりにも高いため、今年もダメじゃないかと思われがちですが、普通に考えれば悪くないランキングであると言えますね。

では、ワールドツアーにおける今後の目標は!?Jベイ(南アフリカ)、チョープー(タヒチ)、ローワーズ(南カリフォルニア)、パイプライン(ハワイ)で優勝したいと語るケリー。目標通りなら、後半戦からの大逆転でワールドタイトル獲得にいけますね(笑)。

個人的には不可能と言い切ることはできないと思います。ただし、条件としてはイベント期間中にビッグスウェルがヒットすること。

果たして、今季ツアー後半戦で母なる自然が味方して、ケリー劇場が巻き起こるのか楽しみです。

ケリー・スレーターの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事