北半球のウインターシーズンにおいて、WOTWなどのイベント期間となるのが11~2月で、特にピークシーズンと言えるのが1月。

一番美味しい時期と言える1月には、パイプラインではローカルコンテストとなるバックドアシュートアウトの開催時期となっていますね。

現在サーフシーズン中の南半球は、インドネシアなんかは7~8月がピークシーズンと言われているので今がシーズン佳境と言えます。

今回の動画は、シーズン佳境の手前に炸裂したブラジリアンスラブ(slab:底ボレするバレル)のアヴァランチでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ピークシーズン目前となる6月に撮影されたと言う今回のスラブセッション。

ここ数年は6月になると炸裂する傾向にあり、実に3年連続で6月に真価を発揮する事になったとか。

アヴァランチのようなスラブへのチャージは一昔前であればボディボーダーの専売特許でしたね。

理由としては、ボディボーダーはスタンドアップサーフィンと異なり立ち上がる動作がないので、レイトであっても何とか乗れるためです。

そのため、今回の動画を見ても、スタンドアップサーフィンとなるショートボーダーなどはトウイン(tow-in:ジェットスキーに牽引してもらい波に乗るスタイル)。

一方、ボディボーダーはジェットスキーアシスト無しとなるパドルインでチャージしているのが非常に印象的であると同時に、相当ヤバいことをしているので見ていて鳥肌が立ってしまいます。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事