サーフィンにおいてメイクしてこそのマニューバ。

ですが、QSやCTといったコンテストサーフィンを見ていると、マニューバをメイクしていないにもかかわらずインパクトが強いマニューバをするサーファーも。

記録よりも記憶に残るミラクルなサーフィンと言えます。

今回の動画は、見ればアッと驚くような7本のミラクルライディングを集めた映像をお届けします。


スポンサーリンク


動画をSNSで公開したのは、ヨーロッパのサーフィンメディアであるウェイブレングス誌。

外出禁止措置などで退屈しているサーファーに楽しんでもらおうと、1週間に渡って1日ずつミラクルライディングの映像をSNSで公開していたので、1週間分をまとめて紹介します。

個人的にミラクルライドとして記憶に残っているのは、11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターのライディング。

ローワーズではエアリアルをメイクできなかったにもかかわらず、サーフボードの上に腹ばいで着地したので、しれっと再びのテイクオフ。

パイプラインではバレルの中でワイプアウトしたにもかかかわらず、波のフェイスでバウンスしている時にサーフボードを掴んで、再びしれっとテイクオフ(笑)。

いずれもメイクをしていないのでロースコアなのですが、非常に忘れられないライディングではないでしょうか。

そんなケリーのライディングも含まれたミラクルライディングをチェックして見て下さい。

セバスチャン・ウィリアムス:Jベイ

ケリー・スレーター:パイプライン

フランシスコ・ポルセラ:マーヴェリックス

ライアン・カリナン:パイプライン

ブレイディン・ヴィヴィアン:西オーストラリア

グリフィン・コラピント:ハンティントンビーチ

ケリー・スレーター:ローワーズ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事