ピークシーズン目前!2017年6月のインドネシア各地のフリーサーフィン動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

現在ハイシーズンとなっているインドネシア。最もビッグスウェルが発生しやすいのは7~8月のピークシーズン。

とは言うものの、7月前であっても日本ではなかなか目にすることのできないほどのサイズとなることも珍しくないですね。

今回の動画は、ピークシーズン手前となる2017年6月のインドネシア各地でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



インドネシアのピークシーズンが7~8月となる理由は、インドネシアのスマトラ島北部といった一部エリアを除いて南半球に位置するためです。

ウインターシーズンにアフリカ大陸を離れた低気圧がインド洋で勢力を強めながら東へと移動してくる影響から、ビッグスウェルが発生する可能性が高くなります。

ハワイシーズンもまた、ウインターシーズンに日本の北海道沖合を離れた低気圧が、勢力を弱める要素となる陸地が少ない海を移動することで、ハワイにビッグスウェルをもたらすのと同様です。

また、季節風が東寄りの風となり、例えばバリ島で言えばパダンパダンやウルワツといったブキット半島に位置するクラシカルスポットでオフショアが吹きやすい事もサーフシーズンとなる理由の一つです。

さて、そのインドネシアにおける6月のフリーサーフィン映像が今回の動画。サーフスポットは、ロンボク島のデザートポイント、メンタワイ諸島のカンドゥイ、バリ島のパダンパダンとなります。