• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

via vimeo

ロキシーライダーでカウアイ島出身ネイティブハワイアンのマイネイ・キニマカ「Mainei Kinimaka」(19歳)。

高校を卒業した現在は、QSイベントなどに参加したりロキシーガールとして世界を飛び回っている若手サーファーです。

今回の動画は、マイネイ・キニマカによるインドネシアのバリ島でのファンセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク



コンテストサーファーであっても、常にコンテストモードでいるわけはなく、純粋に波に乗ることも楽しみたいのがサーファー。

プロであってもその気持ちは変わらず、バリ島でマイネイが選んだのはスポンジボード「キャッチサーフ」。

スワローテールでクアッドセッティングの「Odysea」なので、ボードモデルは「Skipper」でしょう。

スイッチスタンスで遊んだり、寝そべったままのライディングなど自由な楽しみ方は、波に乗ることに慣れ親しんだハワイアンらしさを感じます。

まだ19歳とはいえ、4歳でサーフィンを始めたマイネイにとって海は常に身近な存在だったので、相当な経験値を持ってるでしょうしね。

----------

フリーサーフの関連記事
  • サリナ・クルス(メキシコ)へとファンウェイブトリップ:レイラ・ハースト
  • チャネルアイランズのチームライダー集結セッション
  • NEFFチームライダーのサーフ映像シリーズ2:ディオン・アジアス
  • マウイ島から世界を目指す11歳の若手サーファー:ジャクソン・バンチ
  • インドネシアやフランスでサーフする11歳のサーファー:キリアン・ゲリン
  • ラテンアメリカ出身サーファーによるメキシコセッション

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事