Image: Tim Boyle

先日お届けしたダスティ・ペインがオアフ島ノースショアのバックドアで一時意識不明となったニュース。

実はその事故から間もなく、同じくオアフ島ノースショアのロッキーポイントではサーファーが海で命を落とす事故が発生していました。

今回の記事は、ロッキーポイントで亡くなったサーファーに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ダスティの事故と同じく、現地時間1月8日午前に発生した今回の事故。命を落としたのは、ハワイアンサーファーとして80年代にはプロとしても活動していたグレン・ジーンズ「Glen Jeans」(56歳)。

ロッキーで意識不明となっていたグレンに周りのサーファーが気付き、ビーチまで連れ戻してライフガードがCPRを行ったのですが、すでに手遅れだったそうです。

死因については現時点では不明で、ホノルル監察医事務所によると調査中とのこと。

オアフ島東部のハワイカイで育ったグレンは、サーフスポット「チャイナウォール」がお気に入りだったとの事で、日程は未定ですがパドルアウトセレモニーと散骨がチャイナウォールで行われる予定と言います。

ご冥福をお祈りいたします。

----------

参照記事:「Surfer Dies at Rocky Point

ダスティ・ペイン事故の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事