blank

via Kelia Moniz's instagram

ビッグウェイブサーファーで父親のトニー、現CTサーファーで弟のセスと、サーフィン一家で育ったハワイアンサーファーのケリア・モニーツ「Kelia Moniz」(27歳)。

ケリア本人もWSLによるウイメンズロングボード部門で2×ワールドチャンピオンという記録を樹立しています。

そんなケリアが第一子を出産したことをSNSで報告。

今回の記事は、ケリア・モニーツの出産に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


2016年にフォトグラファーのジョー・テルミニとの婚約を発表したケリア。

昨年2019年はコンテストシーンに復帰したりと再びコンテストジャージを着用する生活に戻っていました。

今年2020年もパンデミック宣言前には、ヌーサヘッズで開催されたロングボードイベントに出場していたので、今年7月の妊娠発表は意外なニュースでした。

妊娠後のケリアは、自身のSNSにて大きなお腹でサーフィンしている写真を投稿したりと健康そのもので、ついに無事出産を果たしたそうです。

私たちにとって第一子となる男の子を出産して、昨晩は新たな家族を授かったわ。

とても魅力的で可愛らしい子ね。一生愛し続けるわ!!

まだ20代のケリアなので、ママとなってからプロサーファーとしてはどのようなキャリアを辿ることになるのか注目ですね。

最近では同じハワイアンのベサニー・ハミルトンを見ても、出産後もコンテストに出たりとアクティブなので目が離せません。

ケリア・モニーツの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事