Photo: Liitle Ripper

これまでに当ブログで水難救助におけるドローン活用の動きをいくつか紹介してきました。

そんな中、オーストラリアでは世界初と言われるドローンレスキューが実際に行われることに。

今回の記事は、ドローンが救助に成功したオーストラリアでの事例に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ドローンレスキューが行われたのは、オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州レノックスヘッドでのこと。

2人の若者が沖合1キロ弱ほど流されているとの連絡がライフガードに入り、ドローンを使用することを決定。

使用されたドローンは、シャークアタック防止策として導入されたリトル・リッパーです。

フロートを装着したリトル・リッパーは、流されたものの近くまで飛んでいきフロートを完璧な位置に落下させ、フロートを掴んだ若者二人は無事に岸まで帰ってこれたとのこと。

今回の件に関してノーザンNSW州政務次官のベン・フランクリンは、以下のコメントを寄せています。

一般的な海水浴客の救助では、ライフガードが出動となると対象者のもとに辿り着くまで最大で6分ほどかかる。だが、今回かかった時間はわずか70秒。

これは目を見張るほどの成果であり、ウォーターレスキューの今後の可能性を大きく広げたくれたと言える結果だろう。

リトル・リッパーと言えばシャークアタック対策で導入されたドローンであったので、まさかレスキューで活躍したとは驚きのニュースでした。

今回のケースを機に、世界的にさらにドローンを活用したウォーターレスキューの動きが広まっていくのではないでしょうか。

今回の救助時のドローンからの映像

----------

参照記事:「Drone Saves Two Swimmers in Historic First-Ever Rescue

ウォーターレスキューのドローン活用

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事