日本の成田空港から直行便に乗ってしまえば、わずか7時間弱という近距離に位置するパプアニューギニア。

サーフエリアが管理されている事から滞在費が少し高額となり、手軽なサーフデスティネーションといった印象は薄いのですが、果たして波は?

今回の動画は、オーストラリアのグロムサーファー2名がパプアニューギニアを訪れた際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


PNGジャパンの情報によると、パプアニューギニアではケビエン、バニモ、マダンの主に3つのサーフエリアがインターナショナルサーファーを受け入れている場所とのこと。

ピークシーズンとなるのは北西モンスーン期の11~3月。今回の動画の舞台となっているのは「バニモ」で、首都ポートモレスビーからは空路で2時間半ほどだそうです。

最も気になるのは波で、ラインナップは以下の通りです。

パーフェクトなラインナップである一方、サーファーの数は少なく波を選びたい放題ではないでしょうか。

ここまでサーファーの数が少ないのは、前述した通り、サーファー数を管理しているからであり、つまり混雑することはあり得ないようです。

インドネシアなどといった東南アジアであれば、トリップ代は安く済ますことが可能ですが、ワールドクラスなサーフエリアでは波に乗る事が容易ではありません。

その点、人数制限という環境のパプアニューギニアでは少し高額であっても、好きなだけ波に乗る事が可能なわけです。

今回の動画を見れば、次のトリップ先はパプアニューギニアと考えるサーファーが増えそうな気がします。私も来シーズンは行ってみようかなと思ってしまったので。

パプアニューギニアの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事