パチャ・ライト

9歳の時に現WCTサーファーのローラ・エネヴァーと出会い、ダンスのストリートパフォーマンスをすることでサーフボードをもらい、サーフィンライフがスタートしたオーストラリア在住のパチャ・ライト「Pacha Light」(14歳)。

現在はビラボンライダーであるパチャ。今回の動画は、そのパチャ・ライトが今年来日したということで、日本トリップの映像をお届けします。


スポンサーリンク


14歳に見えないほど大人びていて、美しい容姿が目を引くパチャ。スター性は十分過ぎるほどありますね。

そんなパチャの母親は、シンガーソングライターであり環境活動家でもあるアンニャ・ライト。そのアンニャのCDアルバム「Be the Change」のリリースツアーで来日したそうです。

同アルバムには、パチャが12歳の時にレコーディングした曲も入っているとのことなので、ツアーではパチャも歌ったりと重要なパートを担ったそう。そのため、忙しいツアーの合間に、束の間のサーフセッションなどを楽しんだ際の動画だと思います。

ちなみに、アンニャは25年以上前から環境活動のキャンペーンで来日する機会があり、パチャも何度も同行しているので日本には馴染んでいるそう。実際、日本食では納豆が好きという日本通です。

サーフィンに関しては、オーストラリア国内のグロメットコンテストで優勝したりと、将来有望なサーファーガール。サーフィン大国オーストラリアで活躍しているということは、数年後には、世界的に有名な女性サーファーになる可能性を秘めていますね。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事