2017/2018年シーズンのWOTW(Wave of the Winter)では11月と12月の2カ月連続で読者投票トップに輝いたブレット・バーリー「Brett Barley」(28歳)。

ブレットはアメリカ東海岸のノースカロライナ州をホームとするので、ウインターストーム「ライリー」スウェルが東海岸にヒットした3月前半はグッドウェイブを求めて奔走したとか。

今回の動画は、ブレット・バーリーによるウインターストームストーリー映像をお届けします。


スポンサーリンク


最近ではジェイミー・オブライエンやカイ・レニーなどYoutuberとしての活動を行うプロサーファーが増えていますが、何年も前からYoutuberをしているブレット。

そんなブレットがウインターストームのスウェルを当てようと狙いを定めたサーフエリアは、当然ながらホームであるハッテラス島。

しかし、ハッテラス島では良い波もブレイクするけれど、強烈なカレントが入った影響からグッドウェイブに乗る事ができず、仕方なく「プランB」を実行することに。

ブレットの「プランB」は、すでに話題となっていた「ニューミビア」。「ニューミビア」とは、ニュージャージー州でナミビアのスケルトンベイのような波がブレイクしていたことから付けられた造語。

道中、道路にまで高波が押し寄せたりと厳しいコンディションの中で夜通しドライブを続け、ニューミビアの波をスコア。

ニューミビアを堪能後、やはり気になるのはホームのコンディション。高波の影響から道路は閉鎖されたりと散々な中、何とかホームへと戻ることに成功したブレット。

そしてホームであるアウターバンクスで出会った波は?凄い波を当てまくりで(プロだから成立するセッション)、臨場感を味わえるブレットの動画をチェックして見て下さい。

パート1

パート2

ブレット・バーリーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事