先日お届けしたWSL(ワールドサーフリーグ)スタジオとレッドブルがリリースしているシリーズ動画「ALL IN」のシーズン2エピソード2。

CTサーファーの舞台裏動画となっている同シリーズのシーズン2にて、フィーチャーされているのはステファニー・ギルモアと五十嵐カノアの2名。

エピソード2では、ホセゴー(フランス)でのCTイベントで二人揃って早期敗退となり、次なるポルトガルへ移動したシーンまでカバー。

今回の動画は、ステファニー・ギルモアに五十嵐カノアという二人のCTサーファーをフィーチャーした「ALL IN」シーズン2エピソード3の映像をお届けします。


スポンサーリンク


エピソード3でメインとなるのはスーパーチューボスをメイン会場としたポルトガルCTイベントでの様子。

イベント結果としては、カノアがセミファイナル敗退の3位、ステフがクオーターファイナル敗退の5位となりました。

動画では、カノアはラウンド4のケリー・スレーター、セミファイナルのジョーディ・スミスとのヒートをフィーチャー。

ステフは2019年シーズンはポルトガルイベント以前に2回対戦し、いずれも敗退を喫した因縁の相手であるキャロリン・マークスとのヒートがフィーチャー。

ヒート以外では、レイデイ(Layday:コンテストのオフ日)の様子、ヒート後のロッカールームでの対戦相手との会話などといった舞台裏も収録されています。

ちなみに、このヨーロピアンレグをもって今シリーズは終了かと思っていたのですが、最終戦の舞台となるハワイ編が次なるエピソードと予告されているので楽しみにしたいところです。

「ALL IN」シーズン2の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事