via WSL

イベント会場近辺で発生したシャークアタックにより、前例の少ないイベントキャンセルという形を取る事となったCT第3戦「マーガレット・リバー・プロ(Margaret River Pro)」。

そこで気になるのがイベント結果に応じて与えられるポイントや賞金に加え、今回の決断に対する選手の意見。

今回の記事は、ワールドツアーを運営するWSL(ワールドサーフリーグ)の声明や海外メディアが報じた選手のコメントなどをお届けします。


スポンサーリンク


WSLの規定と今後の見通し

イベントキャンセル時におけるWSLによる規定は、今回のイベント進行を考慮に入れると以下の通り。

メンズ(ラウンド2終了)

・勝ち残っていた24名のサーファーは同率13位となり、賞金は1位~13位までの合計を均等に配分

・ラウンド2敗退サーファーは通常通りに25位のポイントと賞金を獲得

ウイメンズ(ラウンド3終了)

・勝ち残っていた8名のサーファーは同率5位となり、賞金は1位~5位までの合計を均等に配分

・すでに敗退していたサーファーは通常通りのポイントと賞金を獲得

イベントがキャンセルされたので上記規定が今回は当てはまるはずで、最新CTランキングにはルールに則ったポイントが各サーファーに加算されています。

なのですが、「シーズン後半に別会場でマーガレット・リバー・プロを終了させる可能性もあり得る」とWSLは発表し、最新情報について今後発表予定だそうです。

イベントキャンセルに対する選手の反応

スタブ誌の記事によると、サメの存在が日常的か否かといった出身エリアによってサーファーの見解が異なる印象を受けました。

シャークアタックと聞いて真っ先に頭に浮かぶ南アフリカ出身のジョーディ・スミスは「個人的には残念だけど、WSLや(キャンセル支持の)一部サーファーの意見も尊重するべき」とコメント。

マイケル・フェブラリー(南アフリカ)やマイキー・ライト(オーストラリア)と同じ家に滞在していたオージーのコナー・オレアリーは、3人の総意として「キャンセルするほどの事なの?」と述べた上で以下の見解を示しています。

僕らはサメがいる環境でサーフィンして育ってきたから、サメ問題のないブラジリアンとかのサーファーの考え方はなかなか理解できないんだ。

オージーサーファーはみんなコンテスト続行を望んでいたと思うけど、おそらく今回の決断は一部のサーファーがキャンセルを求めた結果だと思ってる。

ローカルワイルドカードとしてラウンド3出場を決めていたケール・ウォルシュも、今回の決断には驚きと共に落胆したサーファーの一人。

WSLの決断は分からなくもないけど、サメのホームである海でするのがサーフィンだし、完全に賛成なわけじゃないんだ。だって、僕にとって初のCTイベントだったからね。

もしもシャークアタックが一件だけだったら、続行した可能性は高かっただろうね。ビーチは閉鎖されてたし、上がるように声を掛けた人がいたんだから、二件目の被害者になったサーファーは海に入るべきじゃなかった。

サメが身近じゃないブラジリアンには分からないだろうけど、(南アフリカ出身の)ジョーディとかは慣れているし、それはオーストラリアでも同じで、サーフィンする上でサメの存在は当たり前なことなんだ。

シーズン後半に今回の残りヒートの開催可能性があるとWSLが言及していることについて、ケールの見解は以下の通り。

埋め合わせとしてのコンテスト開催の噂は聞いてるけど、実現しないと思うよ。運営の難しさや高額な費用を考えると現実的じゃない。開催ならば絶対に参加するけど、期待はしてないよ。

ここまではイベントキャンセルに反対のサーファーの意見ですが、キャンセルを求めたサーファーがいたからこその今回の決定。

すでにキャンセルを求める訴えをSNSで示していたガブリエル・メディナとイタロ・フェレイラの両者は、再びSNSを使ってWSLの決断に感謝の意を述べています。

まとめ

サーファーによって大きく意見が異なる事となったイベントキャンセルという稀に見る決断。

運営団体であるWSLとしてはスポンサーといった出資者がいる商業イベントであるため、簡単にキャンセルを宣言することはできなかったはずです。

実際、最初のシャークアタック発生時には開催中であったウイメンズイベントを中断したものの、1時間後には再開しています。

つまり、苦渋の決断であったことは間違いないのですが、安全面を考慮に入れれば妥当な判断であったと言えるのではないでしょうか。

-----

参照記事:「How the Margaret River Cancellation Affects Athlete Points and Rankings

参照記事:「"What's The Big Deal?"

マーギーズプロキャンセル関連の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事