Photo: WSL / PIERRE TOSTEE

現地時間2018年7月6日(南アフリカ)、Jベイ(ジェフリーズベイ)をメイン会場としたCT第6戦「Corona Open J-Bay(コロナ・オープン・Jベイ)」のウイメンズがスタート。

ウェイティングピリオド初日からスタートとなったウイメンズは、ラウンド1~2まで開催となりました。

今回の記事は、コロナJベイのイベントレポート、動画、波予報などといったニュースをお届けします。


スポンサーリンク


Corona Open J-Bay(コロナ・オープン・Jベイ)

これまで、Jベイ(ジェフリーズベイ)でのウイメンズCTイベントは初開催とお伝えしていましたが、18年振りの開催と言うことです。申し訳ありませんでした。

さて、18年振りとなったウイメンズのJベイイベント初日は、波のサイズは4~6フィートのソリッドコンディションで幕を開けました。

本日のサプライズは、当初はヒート表に名前を連ねていたタイラー・ライトが欠場で、ローカルのニコル・パレットが出場していた点。

理由についてはほぼ触れられていないので不明ですが、体調不良で欠場となった兄のオーウェンと関係があるのかもしれません。

欠場に関して言えば、ラウンド1に出場したシルヴァナ・リマは波を攻めすぎてヒート中に膝を痛めてしまい、ラウンド2は棄権となりました。

ヒート自体に目を向けると、ラウンド1では4名出場しているグーフィーフッター全員がラウンド1を1位通過という結果に。メンズで見ればJベイではレギュラーフッターが強いので意外な結果ではないでしょうか。

上位陣の早期敗退としては、サリー・フィッツギボンズとコートニー・コンローグがラウンド2で姿を消す結果となっています。

本日のハイスコア

本日の結果

今後のヒート表

ハイライト動画

波予報

今後の風向きはサイドショアやオンショアの日が多く、さらに波はサイズダウンとなります。サイズアップするのは13日(金曜)辺りになりそうです。

次なる開催予測は難しいのですが、7日(土曜)午前は前日のスウェルが残りフェイスで最大5フィートとの予報なので開催する可能性はあると思います。

まとめ

日本と南アフリカの時差は7時間で、日本の方が7時間進んでいます。

現地時間の午前7時半にイベント開始の場合、日本時間は同日の午後2時半となります。

-----

公式サイト「Corona Open J-Bay - Men's

公式サイト「Corona Open J-Bay - Women's

2018年コロナJベイの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事