サーフィンのライディングを行う上で、一番最初に行う動作となるテイクオフ(サーフボードに立ち上がること)。

日本では「テイクオフ」という言葉が一般的ですが、英語では「ポップアップ」と表現されることも多々あります。

今回の動画は、トッププロサーファーによるテイクオフ動作のスローモーション映像をお届けします。


スポンサーリンク


サーフィンのハウツーと言うとライディング中のターンといったアクションにフォーカスが当たりがちですが、ライディングの第一歩はテイクオフ。

見落としがちなテイクオフですが、プロのテイクオフをじっくりとチェックしてから自身のテイクオフ動作を見直すと、テイクオフが早くなったり安定したりと新たな発見があるかもしれません。

今回の動画で最も興味深い点として、トッププロであってもテイクオフの動きは同一ではないというところ。

テイクオフのためのパドリングでは、通常通り片腕ずつパドルしてからテイクオフするサーファーもいれば、ラストストロークは両腕というサーファーもいます。

パドル後の動作では、顎をノーズに乗せるほど頭を落として重心を前方にずらすサーファーがいたりと様々。

テイクオフの動画では、一番最初に登場するジョーディの場合、後足が前足よりも圧倒的に早くボードに乗る様子は、スローモーションでなければ気付かなかった事実ではないでしょうか。

他には、パドルしながらキックも加えるサーファーもいたりと、じっくり見れば見るほど細かいポイントに気付くことになるのでチェックして見て下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事