進化のスピードは早いとは言えないものの、着実に進化を続けているサーフィンにおけるエアリアル。

サーフィンのエアリアルの進化が早くない理由は、同じ波が一つとして存在しないことに加え、風向きにも左右されるため。

今後はウェイブプール活用により、同一となるマシンウェイブが進化のスピードを劇的に変えてしまうと言われていますが。

今回の動画は、これまでのサーフシーンにおいてメイクされてきたインパクトのあるエアリアルを集めたコンピレーション映像をお届けします。


スポンサーリンク


コンテストシーンとフリーサーフシーンに限らず、印象に残る数々のエアリアルがこれまでメイクされてきました。ただし、コンテストとフリーサーフにおけるエアリアルでは、少しだけ違いがあります。

コンテストでは、エアリバースやアーリーウープといったメジャーなローテーションがメイン。そのローテーションの中で、強いインパクトを残すエアリアルはアプローチまでのスピードに加え、高さや距離が優れているもの。

一方のフリーサーフィンでは、これまでにメイクされたことのないローテーションがメイン。

言ってみれば、フリーサーファーがメイクを狙うローテーションの方が、テクニカルな面では難易度が高いと言えます。

難易度が高いと言うことは簡単にはメイクできないということを意味していて、世界初メイクを果たしたサーファーであっても、二度目は難しい場合も多々あります。

そのため、公の場となるエアショーに出場してメイクして見せることは不可能に近いです。

何はともあれ、見ているだけで思わず「お~」と唸ってしまうようなエアリアルの数々が詰まった動画となっています。

最後に、エアリアルはリップを突き破って上方に飛び出すアプローチ、そして前方に飛び出すリップのパワーを全て吸収するかのように正面へと飛び出すアプローチに分かれ、上方へ飛び出すタイプが多いように思えます。

個人的には前方に飛び出す方が難易度が高そうに思えますがどうなのでしょうか?今回の動画では、ケリー・スレーター、マット・メオラ、グリフィン・コラピントが見せています。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事