Photo: WSL / KEOKI SAGUIBO

アイアンズ兄弟として故アンディと同じく、カリスマサーファーとして今なお人気の高いブルース・アイアンズ「Bruce Irons」(39歳)。

そんなブルースが、南カリフォルニアのニューポートビーチで逮捕されたとのニュースが。

今回の記事は、薬物服用時の運転や無免許運転などの容疑に問われたブルース・アイアンズに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ブルース逮捕というセンセーショナルな事件が起きたのはサンクスギビング(感謝祭)の2018年11月22日午前9時23分のこと。

カリフォルニア州ニューポートビーチ警察が発表したポリスレポートによる逮捕容疑は以下の3点となります。

DUI(薬物服用時の運転)
規制薬物所持(処方箋無し)
有効期限切れの運転免許証

ブルースに課せられた保釈金は2,500ドル(約28万円)で、すでに保釈され、サーフシーズンを迎えているハワイへと戻っているようです。

逮捕までの流れとしては、ニューポートビーチにあるガソリンスタンドのオーナーにより「駐車場でエンジンの掛かった車の運転席で意識を失っている男がいる」との通報が警察に行われて発覚したそうです。

今回の事件を受け、TMZ誌のインタビューに応じたブルースは「薬物検査を受けたけど問題なかった。推定無罪だよ」と主張。

一方、運転免許証の期限切れについては認めていて、ハワイに戻ってから更新する予定だったとのことです。

ブルース・アイアンズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事