世界中のメンズプロサーファーの中で、最も人気の高いトップ3は誰でしょうか?確実に名前が上がるのは、昨年2014年のサーファーポール(人気サーファーの一般投票)でトップの座を射止めたジョンジョン・フローレンス。

2014年度サーファーポールの結果

2015年度サーファーポールの人気サーファーのオンライン投票がスタート

そして、長年トップの座に君臨し続けたものの、昨年は2位となった11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターですね。では、残り一名は?個人的な感覚で言えば、元WCTサーファーで、今ではフリーサーファーとして圧倒的な人気を誇るデーン・レイノルズ「Dane Reynolds」(30歳)ではないでしょうか。

今回の動画は、WCTイベントへのワイルドカード出場のため、フランスを訪れていたデーンのフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク

今シーズンは、すでに3つのWCTイベントにワイルドカード出場したデーン。デーンの知名度から考えれば、不思議ではないほどの参戦ですが、普通に考えれば、これほどまでにワイルドカードが与えられる事は異例です。

というのも、デーンは2011年シーズンを最後にワールドツアーを引退。その後、ほぼフリーサーファーとして活動しているので、自らコンテストに参戦することはレアです。

では、なぜ引退後も、コンスタントにワイルドカード出場しているのか?一番の理由は、デーンのスポンサーであるクイックシルバーが推薦しているため。ただ、クイックシルバー絡みだけではないところが凄いデーン。

ワールドツアーを運営しているWSLの推薦枠としても出場しているのですから。要するに、デーンが出場すれば、それほどファンが集まるというのが大きな理由でしょう。それほどまでに、周りから見て、人気が高いことを裏付けています。

ちなみに、今回の映像は、水中から撮影するウォーターショットになっているのですが、機材が紹介されているので、併せてお伝えしておきます。

カメラ:ソニー製α(アルファ)7s

SONY ミラーレス一眼 α7S ボディ ILCE-7S
ソニー
売り上げランキング: 102,651

ウォーターハウジング:Meikon製

デーン・レイノルズの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

スピードの観点からチェックするハリケーンセッション:デーン・レイノルズ

デーン・レイノルズのCluster未使用となった最新映像「Sampler」

デーン・レイノルズによる3年前のフリーサーフ映像

デーン・レイノルズの新作ムービー「Loaded」

地元リンコンでのフリーサーフ:デーン・レイノルズ

2011~2013年のベストライディング:デーン・レイノルズ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事