ラインナップで波に乗る前に、サーファーにとって必要となるテクニックがダックダイブ(ドルフィンスルー)。簡単そうに見えますが、しっかりと波の下を潜るにはそれなりの経験が必要となります。

また、自分ではできているつもりでも、周りから見たら、ノーズは沈んでいてもお尻が浮上したままという例もあります。

そこで今回の動画は、陸上でダックダイブの練習をする映像をお届けします。ビギナーであれば、なかなか上手くならないダックダイブなので、海だけでなく陸上でもトレーニングすることで、上達の早道に繋がるかもしれません。


スポンサーリンク


トレーナーが最初にプッシュアップバーを使いますが、このバーはあってもなくても良いとのこと。まずは、片足を上げて、腕立て伏せのような体勢をとります。その体勢がスタートポジションで、腕を伸ばしていきながら、できるだけ片足を上に上げます。

この時、実際のダックダイブだとボードのノーズとテールが沈んだ状態となっています。そのため、次は体勢を低くしていきながら、潜っていく要領で前方へと体を移行していき、最後は海面へと浮上するために頭を上げていきます。この動作を、片足づつ順に行うことになります。

その後、慣れてきたら徐々に海の環境に近づけるため、より不安定な状況でのトレーニングとして、映像で出ているようにバランスボールを使ったり、プッシュアップバーを半円状のようなボールに置き換えたりしてトレーニングします。

このトレーニングをすれば、バランス感覚やインナーマッスルも鍛えられそうですね。また、この動画を見て、私も昔、家でテイクオフの練習として、うつ伏せの状態から立ち上がるトレーニングをしていた事を思い出しました。

サーフィンの場合、海に入ると気分が高揚するためか、海に入る前に意識した事を忘れてしまうことが多々あります。そのため、陸上でトレーニングすることで、動作を体に染み込ませておくことは大切だと思うので、ダックダイブが苦手な人はトライしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、基本的なダックダイブができるようになれば、次はジョンジョン・フローレンスのようなダックダイブが理想ですね。ダックダイブ一つ取ってみても、サーフィン上達の道のりは長いですね。

どこまでも潜り続けるダックダイブ(ドルフィンスルー)のやり方:ジョンジョン・フローレンス

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事