これまでのワールドツアーイベント史上最高なコンディションになり、歴史に名を刻まれるであろう2014年度ビラボン・プロ・タヒチ。ツアー歴の長い11×ワールドチャンプのケリー・スレーターもまた、これほどエピックコンディションのチョープーは初めてで、武者震いしたほどとの事でした。

そこで今回の動画は、同イベント期間中に繰り広げられたフリーセッション映像をお届けします。登場するのは、コンテストのために集まったワールドツアーサーファーに加え、トライアルからタヒチ入りしていた若手ビッグウェイブチャージャーのジャック・ロビンソンなど。

これ以上サイズアップしたら、ジェットスキーによるトウインサーフでないと、波に乗れないほどのマックスサイズと言われたチョープー。そんなビッグサイズとなったチョープーでも、攻めるサーフィンを見せたワールドツアーサーファーは凄いです。

イベント会場によっては、エアー対決といった最先端マニューバもこなしながら、とてつもないホレ方をするチョープーの波にまで対応できるのですから。逆に言えば、これくらいオールラウンドでないと、ワールドツアーサーファーとしてはやっていけないのでしょう。

バレルをメイクしたサーファーがストークし、そのパフォーマンスを見たギャラリーもストークする。これ以上ない究極のイベントですよね。

イベント時のコンテストレポート、それに、イベント時に撮影されたコロヘ・アンディーノのジョークのような映像は、下記リンク先から参照して見て下さい。

2014年度ASPメンズワールドツアー第七戦ビラボン・プロ・タヒチ
初日ハイライト
二日目ハイライト
三日目ハイライト
最終日ハイライト

Visaカード+チョープー+コロヘ・アンディーノ


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事