8月25日に終了したばかりのメンズのワールドツアーイベント第七戦「ビラボン・プロ・タヒチ」。今シーズンは波に恵まれず、サイズの点では少し物足りなさを感じましたね。

しかし、同イベント終了後にチョープーが炸裂。そのスウェルを狙い、ビラボンライダーのジャック・ロビンソン「Jack Robinson」(17歳)がチョープー入りしたものの、後一歩で大事故の状況に直面しました。今回の動画は、ジャックの事故すれすれ映像をお届けします。


スポンサーリンク

現在はビラボンライダーながら、昨年2014年の頭まではクイックシルバーライダーと、メジャーブランドから引く手あまたのジャック。要するに、トップジュニアサーファーというわけです。

そんなジャックが、危険に直面したのは一昨日8月30日のこと。映像を見ると分かりますが、セットを掴んだジャックの視線の先には、なんと無人のSUPが・・・。

間一髪、ジャックはSUPに接触することなく、さらにはバレルをしっかりとメイクしましたが、非常に際どいシチュエーションであったことは間違いありません。よく見ると、バレルの中で、SUPはジャックに向かって飛んできていますし・・・。

過去のチョープーでは、下記リンク先のよう、ジェットスキーがサーファーの頭上で巻かれていく有り得ない映像もありましたね。

過去に発生したジェットスキーのワイプアウト映像

チョープーのバレルは、誰でもチャレンジできるような波ではないものの、チャレンジャーの数は増えているように感じます。そのため、このような事故が発生する危険性は高まっているのでしょう。

波に乗るだけでも危険なチョープーなので、ボードを置き去りにするようなサーファーは、入ってはいけないと感じました。チョープーに限らず、どこでもそうですね。

後方をチェックもせずに、正面で波がブレイクしてきたら、ボードを投げ出すサーファーなどもいますが、大怪我に繋がる恐れがあるので、注意しましょう。怪我をする方もさせる方も、どちらにとっても気分が良くないですから。

ジャックの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

ホーム・マーガレットリバーで過ごす現在のジャック・ロビンソン

ビラボンのタヒチキャンプ:ジャック・ロビンソン

2014年度ビラボン・プロ・タヒチで最も注目を集めるジャック・ロビンソン

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事