via vimeo

シドニー(オーストラリア)のシティセンターから最も近距離に位置するビーチであるボンダイ。

そのボンダイをホームとするシティサーファーが、今回の動画でフィーチャーされているラスティライダーのパマ・デイヴィス「Pama Davies」(23歳)。

今回の動画は、パマ・デイヴィスがインドネシアのバリ島を訪れた際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


オージーサーファーにとって定番のサーフデスティネーションとして挙げられるインドネシア。

例えば、今回のパマならばシドニーからのフライトになると思いますが、シドニーからバリ島のデンパサールまでの移動時間は直行便で6時間強。

日本からのフライトを引き合いに出すと、成田空港からデンパサールへの直行便のフライト時間が7時間ほどです。

シドニーよりもインドネシアに近いパース(西オーストラリア)であれば、わずか3時間台のフライトなのでいかに近くお手軽なのか分かりますね。

さて、今回のパマの動画ですが、当初はヨーロッパへと波を求めてサーフトリップに出たものの、波を外したのか3週間の観光に終わり、ならばとバリ島へ向かったそうです。

パマのツインフィンによる爽快なライディングを見ていると、インドネシアに行きたくなってくることでしょう。

パマ・デイヴィスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事