Photo: WSL / STEVE SHERMAN

2015年12月、突如として公開されたケリー・スレーター本人がテストライドするケリーのウェイブプール「サーフ・ランチ」動画。

人工的にパーフェクトウェイブを発生可能となった事実にサーファーは大いに沸き、商業施設向けサーフ・ランチの建設を心待ちにしていました。

そして2017年には、ケリーのホームであるフロリダ州にて世界初となるサーフ・ランチの商業施設建設が発表されたのですが中止となることに。

今回の記事は、WSL(ワールドサーフリーグ)が発表したフロリダでの商業向けサーフ・ランチ建設キャンセルのニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ケリーのウェイブプールを運営する会社「KSWC(ケリー・スレーター・ウェイブ・カンパニー)」。

同社は2016年にWSLに買収されて子会社となっているので、今回のニュースはWSLによる発表となりました。

フロリダで建設予定だったサーフ・ランチの当初の流れはと言うと、2017年に建設決定が発表され、2018年に着工、今年2019年に一般オープン予定となっていました。

でしたが、昨年2018年末にはまだ着工に至っていないなどといったニュースも聞こえていました。

そしてオープン予定であった今年2019年になり、WSLが発表した内容は以下の通り。

残念な発表にはなるのですが、我々WSLはフロリダで予定していたウェイブプール建設のキャンセルを正式に決定しました。

極めて高い地下水位などといった建設予定地の特性により、プロジェクトを遂行する上で予期せぬ困難に直面したためです。

同プロジェクトは複雑であり、あらゆる点において前例がないため、今回のプロセスにおいて重要なレッスンを学ぶことになりました。

さて、サーフ・ランチと言えば日本での建設予定も話題に上がっていたものの、こちらもその後の進捗については聞こえてきません。

世界中でウェイブプール建設予定のニュースは度々耳にしますが、現時点において商業施設としてオープンしているのは、ウェールズのサーフ・スノードニアとテキサス州のBSRサーフリゾートのみ。

ただ、唯一の明るいニュースとしては、今年頭にWSLはすでに商業ウェイブプールとしてオープンしていたテキサス州のNランドを購入したと発表されています。

すでにウェイブプール建設可能な場所という点で、Nランド跡地ならば何らサーフ・ランチ建設に関して障壁は無いはずです。

ただし、現時点においてNランド跡地をどのように利用するのかWSLから正式な発表はありません。

-----

参照記事「WSL Confirms Decision to Cancel Development of Wave Basin Planned for West Palm Beach, Florida

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事