via perfectswell's instagram

電光石火のごとく、ウェイブプール界に乗り込んできたAWM(アメリカン・ウェイブ・マシン)社による造波装置「パーフェクトスウェル」。

テキサス州ウェーコにあるウェイブプール「BSRサーフリゾート」に使用されている造波装置です。

このパーフェクトスウェルを使用したウェイブプールが、米国ニュージャージー州とブラジルの2ヵ所にて、今後1年以内にはオープン予定となっています。

今回の記事は、AWM社のパーフェクトスウェルを使ったウェイブプールに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


先月発表されたブラジルでのウェイブプール建設。AWM社は造波装置提供のライセンス契約のみして自社でウォーターパークを建設するわけではないので、基本的にはウェイブガーデン社と同じような経営戦略です。

つまりは、開発業者と手を組んで事業を進めるわけです。ブラジルで名乗りを上げたのは、サンパウロを拠点とした不動産会社の「JHSF Participacoes SA」。

同社のティアゴ・アロンソCEOは今回の提携について以下の声明を発表しています。

弊社のワールドクラスの開発チームが、ワールドクラスのサーフィン施設を建設することについて、これ以上ないほど興奮しています。

WSLのCTではブラジル出身サーファーの数が国別で最も多く、ブラジリアンストームは現実のものとなっています。

一般サーファーに楽しんでもらうことはもちろんのこと、コンテストサーファーにとってトレーニンググランドとして利用してもらうことも可能になるでしょう。

ブラジルに建設されるウェイブプールは、BSRサーフリゾートよりも規模の大きいフルスケールになるとのことで、波のサイズはコンスタントに6フィートをキープし、20秒近いライドが可能になると見込まれています。

気になる場所は、サンパウロ空港からシティを抜けた北側となり、オープン予定時期は2020年11月とのこと。

もう一つのニュージャージー州に関しては、アメリカンドリームという施設に建設され、実はBSRサーフリゾート以前に建設発表が行われていました。

あまり進捗情報については発表されていなかったものの、後一カ月ほどで造波装置のテスト稼働が行われるステージまで達し、最終工程に入っているとか。

さて、これまでのウェイブプール界では数々の企業が参入していきているものの、ウェイブガーデン社以外は自社のデモ施設だけで留まっています。

しかし、AWM社はデモ施設の存在は聞いたことがなく、いきなりのスタートがBSRサーフリゾートでした。

現状において、ウェイブガーデン社を追いかける存在としては、唯一の造波装置がパーフェクトスウェル。

今後のさらなる世界展開が気になるところです。

-----

参照記事「American Wave Machines announces two new PerfectSwell projects in Brazil

参照記事「The Perfect Swell Technology That Brought You The Waco Ramp Is Launching In New Jersey And Brazil

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事