blank

via Akila Aipa's instagram

サーファー、シェイパー、コーチとしてサーフシーンにおいて多大な貢献をしてきたハワイアンのベン・アイパ「Ben Aipa」(78歳)。

そのベンはアルツハイマー病や脳卒中などを患い長きに渡って闘病生活を送っていたのですが、2021年1月15日に他界したと家族が発表。

今回の記事は、レジェンドサーファーであるベン・アイパの他界に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


元々はフットボールの選手であったものの、足首の負傷によるフットボールを断念し、20代前半でサーフィンを始めたベン。

今で言えば遅咲きのサーファーですが、サーフィンの才能に恵まれていたのか1965年にはサンセットで開催されたデューク・カハナモク・クラシックでファイナル進出を果たすことに。

そして1968年と1970年にはワールドツアーに参戦した経験を持っています。

ベンの代名詞と言えるシェイプをスタートしたのは1966年のことで、1968年にはベンがシェイプしたボードに乗ったフレッド・ヘミングスがプエルトリコ開催のワールドチャンピオンシップで優勝。

ベンが自身のサーフボードブランドを正式に立ち上げたのは1970年のことで、スワローテールやスティンガーなどといったデザインを考案しています。

シェイパーとしての成功に加え、トップレベルのコーチとしても手腕を発揮して、ベンがコーチしてきたサーファーの一部は以下の通り。

*ブラッド・ガーラック
*サニー・ガルシア
*カラニ・ロブ
*アンディ・アイアンズ
*ブルース・アイアンズ
*ベサニー・ハミルトン

上記の例を見るだけでも、ベン・アイパという存在がどれほどサーフィン界において尽力してきたのか分かりますね。

最後に、ベンの息子であるアキラ・アイパが父親他界後に行ったSNS投稿は以下となります。

2021年1月15日、父親のベン・アイパが複数の疾患により、78歳で亡くなりました。

私の父が、父親、サーファー、シェイパー、デザイナー、アスリート、友達、師匠、祖父であった事を一生忘れません。

数々の世代のコンテストサーファーに愛や知識をシェアしてくれたり、これまでの人生の教えに感謝しています。

あなたがサーフィンやサーフ業界に残してくれたレガシーは、残された我々が継承していきます。

大好きな父へ、僕らに代わって天国にいる祖父母や叔母にビッグハグをよろしくね。

追伸

父の遺灰を誕生日の8月17日にボウルズで散骨したいと思っています。

コロナ禍を乗り越え、みなさんが参加できる状況になっていることを願っています。

-----

参照記事「Surf World Loses A Legend As Ben Aipa, One Of The Most Influential Shapers, Passes Away

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事