先日、ウインタースウェルが炸裂しているとお届けしたゴールドコースト(オーストラリア)のスナッパーロックス。

ワールドツアー初戦の会場であり、世界で最もラインナップが混雑しているとも言われるスーパーライトハンダーですね。

そのスナッパーロックスに、元ワールドチャンピオンでありローカルスターのミック・ファニング「Mick Fanning」(38歳)とジョエル・パーキンソン「Joel Parkinson」(38歳)が登場。

今回の動画は、7月1日にスナッパーロックスで撮影されたミック・ファニングとジョエル・パーキンソンのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


2007年、2009年、2013年にワールドタイトルを獲得した3×ワールドチャンピオンのミック。一方、2012年にワールドチャンピオンに輝いたのがパーコ。

二人共にワールドツアーを引退したのは昨年2018年のことで、ミックはベルズビーチイベント、パーコはツアー最終戦のパイプマスターズが引退イベントとなりました。

引退したばかりなので、もちろん実力は今なおトップレベルで、そんな二人が同じラインナップへ向かうことに。豪華すぎですね。

ちなみに、この日のスナッパーロックスはあまりに波が良かったことから、今回紹介する動画を公開したmysurftvはライブ中継をしたほどです。

シーズン中のオアフ島ノースショアのパイプラインが炸裂すると、サーフラインがライブ中継するのと似たような感じで、それだけグッドコンディションだったというわけです。

そんなセッションを終えたレジェンド二人によるSNS投稿は以下の通り。

View this post on Instagram

Fun times... 🎥 @mysurftv

A post shared by Mick Fanning (@mfanno) on

二人揃って「ファンだった」とコメントしたフリーサーフィン動画をチェックして見て下さい。

スナッパーロックスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事