via Coco Ho's instagram

エアゲームなどラディカルになればなるほど怪我は付き物となるサーフィン。

特にトッププロは常にプログレッションを求められ、最近のウイメンズCT(チャンピオンシップツアー)ではエアリアルを狙うサーファーが徐々に増えているので、エアーを狙う流れは一般的に。

そんな最中、ワールドツアー歴11年目のココ・ホー「Coco Ho」(28歳)がエアリアルの練習で負傷。

今回の記事は、ココ・ホーが怪我により南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)でのCTイベント欠場を発表したニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ココが負傷した場所は、先週土曜日にスタブハイが開催された米国テキサス州ウェーコに位置するウェイブプールのBSRサーフリゾート。

エアリバースの着地の際、MCL(膝内側側副靱帯)を痛めたそうです。ココ本人のSNS投稿は以下の通り。

こんな事は言いたくないんだけど、ワールドツアー歴11年目にして初めてCTイベントを欠場することになったの。

Jベイイベントを欠場することになった理由は、こないだの晩、スタブハイのレディバード部門に参加しようとエアーの練習をしているときにMCLを軽く損傷したため。

レディバード部門は14歳以下のサーファーガール対象なのでジョークとして、Jベイイベント欠場は現CTランク10位のココにとって大きな痛手になります(翌年ツアー残留条件はトップ10のため)。

ただし、怪我が軽度という点は唯一の救いなので、早期復帰できることを願っています。

最後に、ココのリプレイスメントはすでに公表されていて、セイジ・エリクソンとなっています。

ココ・ホーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事