7月1日からウェイティングピリオドに突入したビッグバレルイベント「Rip Curl Cup Padang Padang(リップカール・カップ・パダンパダン)」。

7月31日までの一か月間がウェイティングピリオドとなっていて、ちょうど半月ほど過ぎたのですがまだ開催の気配はありません。

ただ、招待サーファーであるメイソン・ホー「Mason Ho」(30歳)はインドネシアを満喫しているとか。

今回の記事は、リップカールカップ@パダンパダンの最新波予報、そしてメイソン・ホーによるインドネシアでのGoPro動画をお届けします。


スポンサーリンク


まずはバリ島(インドネシア)パダンパダンの最新波予報ですが、直近で最もサイズアップしそうなのは20日(土曜)。

サイズ予報としてはフェイスで最大12フィート(ローカルスケールで6フィート)。ダブルオーバーヘッドくらいですが、このサイズだとゴーサインを出せるかどうかはギリギリのラインとのこと。

20日以降になると、25~28日辺りにサイズのありそうな南西~南南西スウェルが入りそうではあるものの、まだまだ先のことなので詳細な予報発表は今後となりそうです。

現時点においては、少し厳しい予報となっている今年のリップカールカップ@パダン。ただし、長期予報は変わる可能性も高いので、ビッグスウェルヒットを期待したいところですね。

波予報から話は変わり、すでにインドネシアしている招待サーファーであるメイソン・ホーとシェルドン・パイション。師弟関係のような二人のハワイアンです。

そんな二人のインドネシアでの姿は、メイソンが自らGoProで撮影した動画がメイソンのYoutubeチャンネルで公開されています。

シャローリーフのバレルを楽しんだりといったメイソンらしい様子は必見です。

ちなみに、メイソンが使用しているGoProは「GoPro Hero7」で、セッティングは「2.7K」×「60fps」×「Superview(超広角)」とのことです。

-----

2019年リップカールカップ@パダンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事