ウイメンズのトップコンペティターとして現QS(クオリファイングシリーズ)ランク2位のセイジ・エリクソン「Sage Erickson」(28歳)。

昨シーズンは惜しくもCT(チャンピオンシップツアー)残留を逃し、CTサーファーがCTイベント欠場の際の代理出場枠となるリプレイスメント2番手となっています。

現在のQSポイントを見る限り、来シーズンは2度目のCT返り咲きを確定させたと言えます。先日のUSオープン優勝が大きかったですね。

今回の動画は、セイジ・エリクソンのサーフィン以外にハマっている趣味にフィーチャーした映像をお届けします。


スポンサーリンク


ツアー入りの平均年齢がメンズよりも若いウイメンズサーファー。ということは、必然的にツアー引退の年齢も若いのですが、30歳手前という年齢となりながらも最前線で活躍するセイジ。

また、ウイメンズのトップコンペティターとしては珍しく、メインスポンサーはルーカ(RVCA)となっています。

そんなセイジがサーフィン以外に熱中していることはアートワーク。特にサーフボードへのアートが多いようで、SNSでは以下のような投稿が目立ちます。

View this post on Instagram

Hello pretty / @rvca / @cisurfboards

A post shared by Sage Erickson (@sageerickson) on

サーフアーティストと言うと、フリーサーファーである場合が大半ではないでしょうか。

しかし、コンテストシーンで活躍しながらもアートワークに没頭する姿を見ると、天は二物を与えたと言っても過言ではないのかもしれません。

セイジのアート制作の様子に加え、フリーサーフィンも収録された今回の動画から、コンテストシーンを離れたセイジの様子をチェックして見て下さい。

セイジ・エリクソンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事