Photo: WSL

現地時間2019年10月3日(フランス)、メンズCT(チャンピオンシップツアー)イベント第9戦とウイメンズCTイベント第8戦が開幕。

イベント名はメンズが「Quiksilver Pro France(クイックシルバー・プロ・フランス)」、ウイメンズが「Roxy Pro France(ロキシー・プロ・フランス)」。

ウェイティングピリオド初日の本日は、メンズとウイメンズのラウンド1が終了しました。

今回の記事は、フランスCTイベントのイベントレポート、動画、今後の波予報といったニュースをお届けします。


スポンサーリンク


クイックシルバープロ@フランス

イベント敗者の出ないラウンド1ということで、さほどビッグニュースはない初日の本日。

唯一のニュースとしては、現CTランク4位のコロヘ・アンディーノがラウンド1を3位敗退となり、ラウンド2送りとなったことでしょう。

タイトルレースにおいて気になる点としては、フィリペ・トレドの後背部の痛みについて。本日は痛みをおして出場したフィリペ。

ですが、後背部の痛みから足に力が入らないということで、ヒート時間が残っていたのに力を温存するために海から上がっていました。

それでも、ラウンド1は1位通過を決めているのですが…。

今イベントから久しぶりにツアー復帰となったレオナルド・フィオラヴァンティは、ヨーロッパという大枠ではホームとなる今イベントのラウンド1にて、嬉しい1位通過を決めました。

すでに今季のトップ22入りは無理だと思いますが、来季インジュリーワイルドカード獲得に向けてアピールするためにもできるだけ好成績を目指していることでしょう。

ヨーロピアンレグに滅法強く、3度目のワールドタイトルを狙うガブリエル・メディナは好調過ぎるスタートを切っています。

1ヒートで19本もの波に乗り、ヒートは圧勝の1位通過。これだけの波数に手を出すと言うことは、いかに波選びが難しいのかが分かります。

来年がコンテストのラストイヤーになると言われるケリー・スレーターもまた、順調に1位通過でラウンドアップ。

ケリーに関してはワールドタイトルよりも、オリンピック出場となるのかが大きな注目ですね。

個人的にも東京五輪でケリーの姿を見たいので、今季残りイベントでしっかりと成績を残してオリンピック出場権を獲得してもらいたいです。

ヒート結果

今後のヒート表

ロキシープロ@フランス

ウイメンズでのビッグニュースは、ワイルドカード出場のヴァヒネ・フィエロが、まさかの1位通過を果たすことに。

ウイメンズではワイルドカードが活躍することはほぼないので、相当珍しいことです。

ただ、ヴァヒネはワールドジュニアチャンピオンに輝いた経験を持つサーファーなので、今後注目の存在と言えます。

トップシードの中では、7×ワールドチャンピオンのステファニー・ギルモアが珍しく3位敗退となり、ラウンド2送りとなりました。

おそらくラウンド2は勝ち上がり、ラウンド3に進出してくるとは思いますが。

ヒート結果

今後のヒート表

ハイライト動画

波予報

10月4日はストーミーコンディションになることから、すでにレイデイ(Layday:コンテストのオフ日)と発表されています。

次なるコールは10月5日。4日に大荒れとなってサイズアップした波が残り、最大セットで10フィートの予報となっていて風も弱い見込み。

おそらく10月5日は開催になると思われます。

まとめ

日本とフランスの時差は7時間で、日本の方が7時間進んでいます。

現地時間の9時に開催の場合、日本時間は同日の16時となります。

-----

公式サイト(メンズ)「Quiksilver Pro France

公式サイト(ウイメンズ)「Roxy Pro France

2019年フランスCTイベントの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事