CT(チャンピオンシップツアー)最終戦を前に、現CTランク2位のレイキー・ピーターソン「Lakey Peterson」(25歳)。

今年のタイトルレースを争うのは、オリンピックではアメリカ枠となるカリッサ・ムーア、レイキー、キャロリン・マークスの3名。

つまり、ワールドタイトル以外に、オリンピック出場権もかかった負けられないイベントとなりますね。

今回の動画は、マウイプロの会場であるマウイ島ホノルアベイでのレイキー・ピーターソンによるウォームアップセッション映像をお届けします。


スポンサーリンク


昨年2018年シーズン、初めてタイトルレースに挑んだレイキー。しかし、ワールドタイトルのプレッシャーが重かったのか、まさかの1コケという結果であっさりとステファニー・ギルモアがタイトルを獲得。

ワールドチャンピオンになれるかもしれない!というプレッシャーは相当なもののようで、初めてタイトルレースに絡むサーファーがタイトル獲得に至るケースは少ないです。

例えば、2016年にマット・ウィルキンソンが開幕戦から2戦連続で優勝を果たしたものの、ケリー・スレーターは「ウィルコのワールドタイトル獲得はないだろうね」と口にしていたほど。

実際、ウィルコは長らくCTランクトップの証であるイエロージャージを着用していたものの、最終的にはCTランク5位までランキングを落としてしまいました。

そんな実例もあるのですが、レイキーにとっては今年で2度目のタイトルレースということで、昨年よりも経験値を積んだことでタイトル獲得の可能性は高くなっている事でしょう。

タイトルレースのシナリオは以下となります。

今回の動画を見ている限り、いつも通りのサーフィンをすれば早期敗退はまずありえないはずのレイキー。

果たして、どのような結末を迎える事になるのか、現地時間の12月2日にイベント最終日予定となっているマウイプロは見逃せません。

レイキー・ピーターソンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事