Photo: Wavegarden

オーストラリア出身で2×ワールドチャンピオンのトム・キャロル「Tom Carroll」(58歳)。

ドラッグ依存症になった過去を乗り越えたりと、オーストラリアを代表するレジェンドサーファーとして知られていますね。

そんなトムが、世界的に流行しているウェイブガーデン社の造波装置「The Cove(ザ・コーヴ)」を体験するため、スペインのバスク地方にあるデモ施設を訪れたそうです。

今回の動画は、トム・キャロルがスペインを代表するトップサーファーのアリッツ・アランブルとザ・コーヴを体験した際の映像をお届けします。


スポンサーリンク


トムとウェイブプールの関係は、決して今回が初というものではありません。

遡ること1985年、米国ペンシルベニア州アレンタウンのウェイブプール「ドーニーパーク」にて、世界初となるウェイブプールコンテストが開催された際に優勝しているためです。

ただし、当時のウェイブプールと現在のウェイブプールは波のクオリティ(サイズやライディング距離など)が格段に違うため、現在のウェイブプールは「モダンウェイブプール」と区分されて表現されることがしばしば。

では、ザ・コーヴを目の前にしたトムは、モダンウェイブプールにどのような印象を受けたのか?

Photo: Wavegarden

ザ・コーヴのエキスパート向けの波を見た時に脳裏に浮かんだのは、私がサーフィンを学んだホームブレイク。

あのホームブレイクの波を、圧倒的に良くしたクオリティだって感じたよ。パーフェクトバージョンって言っても良いんじゃないかな。

トムと一緒にセッションすることになったのは、元CT(チャンピオンシップツアー)サーファーであるアリッツ。

アリッツにとって、トムは幼い頃からのサーフヒーローだったとのこと。

サーフビデオでトムのライディングを見ながら育ってきたんだ。僕にとってトムは永遠のサーフスターで、今日、一緒にサーフィンできて本当に嬉しかったよ。

サーフィン界において、ウェイブプールの存在は同じ波で反復練習可能であることからトレーニンググランドとしてゲームチェンジャーと言われています。

では、どのようなインパクトをもたらすことになるのかトムの見解は?

将来的にどうなるかだって?皆目見当がつかないよ。相当クールなことは確かだけど。キッズは安全な環境で、波乗りっていう最高にクールなことを学べるんだから。

-----

参照記事「Surf Legend Tom Carroll talks about Wavegarden & the Future

トム・キャロルの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事