via florida today

昨年2019年シーズンはCT(チャンピオンシップツアー)歴2年目にしてCTランク2位となったキャロリン・マークス「Caroline Marks」(17歳)。

タイトルレースに絡んだCT最終戦のマウイプロでは、同じアメリカ代表のレイキー・ピーターソンのランキングを上回り、オリンピック出場権まで獲得してしまいましたね。

今回の動画は、キャロリン・マークスがホームであるフロリダ州にあるウェイブプールを訪れた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク


アメリカ代表がBSRサーフリゾート、オーストラリア代表がサーフランチと、オリンピックチームが活用するモダンウェイブプール。

ですが、今回の動画でキャロリンが訪れたウェイブプールは、いわゆる本格的なサーフィン向けと言われるモダンウェイブプールではありません。

開園したのは1989年と随分と昔となる、米国フロリダ州オーランドに位置するディズニー・タイフーン・ラグーン(Disney's Typhoon Lagoon)。

タイフーンラグーンの人工波を見て第一印象としては、モダンウェイブプールと比較してダラダラしたブレイクという点。

モダンウェイブプールの場合は、バレルになるほど波がホレるのでその違いは明らかですね。

ちなみに、キャロリンはホームがフロリダ州ですが(現在の住まいはカリフォルニア州サンクレメンテ)、タイフーンラグーンを訪れたのは初めてとのこと。

ウイメンズ界の若き天才サーファーが、どのようなライディングを見せるのかチェックして見て下さい。

参照記事「Olympic qualifier Caroline Marks surfs Disney's Typhoon Lagoon

キャロリン・マークスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事