オーストラリア東海岸でここ数年においてサメのホットスポットとして知られるNSW(ニューサウスウェールズ)州北部。

厳密に言えば、バリナからバイロンベイまでのエリアがサメの目撃談が多く、実際にシャークアタックも発生しています。

そのバリナで昨日10月7日、元CTサーファーのウィルコこと、マット・ウィルキンソンが一人でサーフィン中にサメが接近してくることに。

今回の記事は、シャークアタック寸前となったマット・ウィルキンソンのコメント、そして実際に様子を捉えていたドローン動画をお届けします。


スポンサーリンク


ウィルコがサーフィンしていたのはバリナのシャープスビーチ。バリナは町から最も近いノースウォールはサーファーが集まりますが、ノースウォール以北になると、平日ならば貸切サーフも当たり前の環境です。

サーファーにとって貸切は嬉しい限りですが、シャークアタックの観点から考えれば、出来るだけ一人で海に入らないようにとのアドバイスがあるので危険とも言えます。

何はともあれ、映像を見ると一人でサーフ中のウィルコに狙いを定めて接近したと見られるサメ。でしたが、最接近後になぜだか踵を返したことで、ウィルコには一切の怪我もありません。

ドローン撮影を行ったのは、州政府によるシャークアタック防止策の一環としてオペレーターがパトロールフライトを行っている時のことで、サメの接近を確認後にウィルコに海から上がるように指示を出したそうです。

当の本人であるウィルコのコメントは以下の通り。

一人っきりでシャープスビーチでサーフィンしていて、水しぶきと何かの音が聞こえたから周りを見渡したんだけど何も見えなかった。

するとドローンが接近してきて「このエリアに危険なサメがいる」って忠告を受けて、ビーチに戻ったんだ。

ビーチに戻った時はモヤモヤした気分だったけど、ライフガードに映像を見せてもらって、僕が気付くことなくサメが近くにまで接近していたことを知ったんだ。

僕の足を狙ってきたけど、心変わりしたって感じに見えるね。

黄色いリーシュコードが良くなかったのかも。Jベイでのミックは、サーフボードのボトムが黄色だったし(黄色はヤムヤムイエローと呼ばれ、ホホジロザメを誘引する恐れがあるかもしれないと言われている)。

NSW州北部と言えば、先日WSLカウントダウンのツイードコーストプロがカバリタビーチで開催され、イベントスタート時に大型のサメが目撃され、イベントのスタートが遅れました。

それだけサメ(人を襲う可能性があるホホジロザメなど)がいて当たり前の環境というわけです。

さて、ウィルコと言えば、前日の10月6日に結婚式を挙げたことでSNSで報告したばかりでした。

まさかその翌日にサメに狙われてニュースになるとは思ってもみなかったことでしょう。

無事であったことは何よりであり、ドローンパトロールの存在の重要性を感じさせられたニュースであったと言えますね。

ウィルコ本人はサメの存在自体に気付いていなかったということは、ドローンが無ければその後も海に入り続けて、サメに襲われる可能性が高まったので。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事