フリーサーファーとしてはトップレベルの人気を誇るハワイアンのメイソン・ホー「Mason Ho」(31歳)。

もともとプロサーファーからは人気が高く、一般的に知名度が高くなったのは2015年にリップカールのチームライダーになってから。

リップカールがメインスポンサーのCTイベントに出場することで、その存在が広く知られるようになりましたね。

今回の動画は、リップカールが公開したメイソン・ホーのシグネチャーボードショーツのプロモーション映像をお届けします。


スポンサーリンク


今回のプロモ動画で興味深いのはメイソンによるフリーサーフィンシーン。

このサーフシーンは覚えている方もいると思いますが、今夏に48時間のみ公開されたミック・ファニングとのサーチトリップで使用されていた動画です。

48時間限定公開となった同サーチトリップ動画は、しばらく間をおいてから再度公開になると思っていましたが、まさかこのような使い方をするとは思ってもいませんでした。

サーフシーンの舞台となっているのは、インドネシアのバリ島、そしてジャワ島のGランド(グラジガン)。

特にクールなのが、バックサイドバレルでのグラブ。通常ならば後方の手でグラブをするのですが、メイソンはあえて前方の手でグラブ。

ただ、前方の手でのグラブはファンクショナルではないからなのか、バレルに包まれる瞬間に通常のグラブに切り替えます。

ここ最近のメイソンはこのグラブにこだわっていて、まさにスタイルを意識したハンドアクションと言えます。

そんなメイソンのシグネチャーボードショーツということで、人気モデルになることでしょう。

メイソン・ホーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事