オーストラリアブランドとして初のウェイブプールである「Surf Lakes(サーフ・レイクス)」。

そんなサーフレイクス最大のアピールポイントはザ・アイランドと呼ばれる8フィートの人工波で、すでにボディボーダーによるライディング映像は紹介しました。

ただし、気になっていたのはスタンドアップサーファーによるテストライドで、ついに公開となることに。

今回の動画は、サーフ・レイクスのザ・アイランドにスタンドアップサーファーがテストライドする映像をお届けします。


スポンサーリンク


テストライダーとなったのは、サーフ・レイクスのアンバサダーを務めるオッキーこと、マーク・オクルーポの息子であるジェイ。

ジェイはQLD(クイーンズランド)州のジュニアチャンピオンに輝いたりと、サーフィンの実力は申し分ありません。

にもかかわらず、テイクオフはエアドロップとなり、その後はワイプアウトしたりと、ザ・アイランドの人工波が相当ヘビーであることが分かります。

また、ヘルメット着用でチャージしている様子を見ると、安全であるはずのウェイブプールですが、ここまでホローな波にしているので水深がかなり浅いのかなと思われます。

ザ・アイランドの後の映像は、すでに紹介しているオッキーズピーク(ザ・アイランドよりもサイズは落ちます)での映像に移り、こちらではジェイはヘルメットを着用していません。

さて、これまでのサーフ・レイクスの映像を見る限り、バレルはあるものの、あまりロングウォールではありません。

研究開発のデモ施設でのテストライドなので、その辺りの改良が今後の課題になるように思えます。

ちなみに、フルパワーで稼働させると1時間で2,000本以上ものサーフ可能な人工波を発生ということで、ウェイブガーデン社の最新造波装置「ザ・コーヴ」の倍以上の本数を発生できるそうです。

-----

公式サイト「Surf Lakes

サーフ・レイクスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事